[ニュース]退位後「上皇」、敬称は「陛下」=有識者会議で専門家見解
[2017.03.22] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

天皇陛下の退位をめぐる政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は22日午前、約2カ月ぶりに会合を首相官邸で開き、今の陛下の退位を認める特例法制定に向けた検討に着手した。退位後の呼称については、制度設計の意見聴取に招いた3人の専門家がいずれも歴史上使用された「上皇」か「太上天皇」のどちらかを推し、敬称は一致して「陛下」とするのが妥当との見解を示した。

同日の会合は通算10回目。制度設計に関しては、皇室史に詳しい本郷恵子東大史料編さん所教授、君塚直隆関東学院大教授、新田均皇学館大現代日本社会学部長から、(1)退位後の称号・敬称(2)退位後に再び天皇に即位することなどの是非(3)退位後に崩御された場合の葬儀や陵墓の在り方(4)退位後の補佐機関や待遇(5)秋篠宮さまの新たな呼称−などについて意見を聴いた。

葬儀と陵墓については、3氏とも天皇崩御の場合と同じ「大喪の礼」「陵」とすることで一致。退位後の即位にはいずれも否定的な見解を表明した。また、退位後の天皇には何らかの補佐機関を新設することを3氏とも提言した。

一方、秋篠宮さまの呼称については、本郷氏が「皇太弟」、君塚、新田両氏は「皇太子」を推し、意見が割れた。

会合には老年医学が専門の秋下雅弘東大院教授も招き、「高齢」の定義について説明を聴取。秋下氏は「老化に伴う自立度の変化には個人差がある。高齢者だから働いてはいけないわけでは全くない」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.03.22]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告