[ニュース]自民改憲案、年内と明言=安倍首相、「第1党に責任」
[2017.05.22] 他の言語で読む : ENGLISH |

安倍晋三首相(自民党総裁)は21日、ニッポン放送の番組収録で、憲法改正について「自民党は第1党であり、その責任を果たすため、(憲法)施行70年の節目の年に案を出すべきだ」と述べ、年内に自民党案を示すべきだとの考えを示した。首相が党内の取りまとめ時期を明言するのは初めて。2020年の新憲法施行を目指す考えを表明している首相としては、来年通常国会への改憲原案提出を視野に、党内論議を加速する狙いがあるとみられる。

改憲項目に関しては、「自衛隊が違憲がどうかという議論に終止符を打つのは、われわれの世代の責任だ」と述べ、自衛隊の存在を9条に位置付けるべきだとの立場を強調。12年に自民党が策定した改憲草案には国防軍が明記されているが、首相は「党でしっかり議論してもらいたい」と語った。日本維新の会が主張する高等教育の無償化にも触れ、「どのような記述をすべきか議論していきたい」と述べ、前向きの姿勢を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.05.22]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告