[ニュース]枝野氏、「立憲民主党」結成表明=民進分裂、リベラル系結集【17衆院選】
[2017.10.03] 他の言語で読む : ENGLISH |

民進党の枝野幸男代表代行は2日午後、東京都内のホテルで記者会見し、衆院選へ新党「立憲民主党」を結成すると表明した。希望の党への合流に加わらない民進党リベラル系の前衆院議員ら10人程度が参加する。枝野氏は「希望の党の理念や政策は私たちとは異なる」と述べ、与党や希望に対抗する「受け皿」をつくる考えを示した。これにより民進党の分裂は確定的となった。

枝野氏は「立憲主義、民主主義、自由な社会をしっかり守っていく」と強調。党名は当初「民主党」とすることを検討したが、憲法重視の姿勢を打ち出すため「立憲」を加えたという。また、基本的な政策は民進党を引き継ぐと表明。枝野氏は代表に就く意向で、民進党に離党届を提出した。

菅直人元首相は2日、東京都内での街頭演説で立憲民主党に加わる意向を表明した。長妻昭選対委員長も記者会見で参加を明言。赤松広隆元衆院副議長、近藤昭一副代表、辻元清美幹事長代行らリベラル系も加わる考えだ。赤松氏らは、希望が憲法改正や安全保障法制への賛成を公認の条件に選別していることに反発していた。

枝野氏は2日、連合の神津里季生会長と会談し、新党への支援を求めた。神津会長は「理解」を示したという。

一方、希望の小池百合子代表(東京都知事)は2日、時事通信のインタビューに応じ、衆院過半数(233)の候補を擁立し、政権交代を目指す考えを示した。「宝くじは買わないと当たらない。その(過半数の)擁立は目指したい」と表明。自身の出馬については「私は出ない。都知事の責任を果たしながら、都でできることをやることが日本のモデルになる」と重ねて否定した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.10.03]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告