[ニュース]小池氏「出馬はない」=希望、首相候補検討へ−前原氏と連携確認【17衆院選】
[2017.10.05] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL |

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は5日昼、民進党の前原誠司代表と東京・西新宿のホテルで会談した。前原氏が衆院選(10日公示−22日投開票)への立候補を要請したのに対し、小池氏は「出馬はない」と固辞した。希望の「首相候補」について、小池氏は「希望の結成メンバーとどのような形が一番いいのか整理していきたい」との考えを示した。

小池氏は会談後、前原氏とともに記者団の取材に応じ、「安倍1強をどうやって倒すか、連携していこうと改めて確認した」と説明。首相候補については「自民党は羽田政権の後、村山政権を選び、水と油が手を結んだということも首相指名(選挙)という言葉で思い出した」とも指摘した。

小池氏は民進党からの合流について「政策を共有し、共に戦う。寛容の心で仲間を受け止めて戦う」と語った。これまで小池氏は自身の出馬について「100%ない」と繰り返し否定しているが、希望内には出馬を期待する声があった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.10.05]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告