[ニュース]小池氏、代表続投を表明=「排除」発言は陳謝−希望
[2017.10.26] 他の言語で読む : ENGLISH |

希望の党は25日、衆院選の当選者らを集め、初の両院議員懇談会を衆院議員会館で開いた。出席者から小池百合子代表(東京都知事)の辞任を求める声も出たが、小池氏は終了後、記者団に「創業者としての責任があるので続けていきたい」と述べ、代表を続投する考えを示した。

小池氏は冒頭のあいさつで、敗北した衆院選について「多くの有為な人材を失ったことは残念至極だ。責任を負わなければならない」と表明。また、民進党出身者の公認をめぐる「排除」発言を念頭に、「私の言動によって、同志の皆さまには大変ご苦労をかけた。心ならずも多くの方々を傷つけてしまった」と陳謝した。

今後についても「都知事として都政にまい進していきたい。主要な人事は(国会議員の)皆さま方で話してほしい」と述べ、国政とは一定の距離を置く考えを示した。 

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.10.26]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告