[ニュース]他人のiPS、初の移植=目の難病60代男性に−時間と費用、大幅減・理研など
[2017.03.29] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

理化学研究所と神戸市立医療センター中央市民病院などのチームは28日、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から網膜細胞を作り、目の難病患者に移植する世界初の手術を実施したと発表した。患者本人の細胞ではなく、京都大が備蓄しているiPS細胞を使うことで、時間と費用を大幅に抑えた。iPS細胞を使った再生医療研究は新たな段階に入った。

移植を受けたのは、視野がゆがみ失明する恐れがある難病「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性」の患者で、兵庫県在住の60代男性。手術は市民病院で28日午後に約1時間行われ、iPS細胞から作った網膜色素上皮細胞約25万個を含む液体50マイクロリットルを男性の右目に注入した。トラブルはなかったという。

術後1年は観察期間とし、その後3年間追跡調査する。理研の高橋政代プロジェクトリーダーは記者会見で、拒絶反応について「絶対に起こってはいけないものではなく、軽い場合は治療していく」と話した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.03.29]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告