[ニュース]オプジーボ、50%値下げ=高額がん薬、来年2月から−厚労省
[2016.11.16] 他の言語で読む : ENGLISH |

厚生労働省は16日、中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)の総会で、高額の抗がん剤「オプジーボ」の価格を50%引き下げる方針を提案し、了承された。これを受け、厚労省は2018年度の薬価改定を待たず、臨時措置として来年2月から値下げする。

オプジーボは皮膚がん治療のため14年に保険適用が認められたが、15年12月に肺がんにも対象を拡大したことで想定患者数が年470人から同1万5000人に拡大。患者1人当たり年3500万円掛かり、医療財政を圧迫することから、価格引き下げを検討していた。

具体的には、年間販売額が企業の予測を大幅に上回った場合、販売額が1500億円以上なら最大50%値下げできる既存ルールを適用。製造販売を手掛ける小野薬品工業(大阪市)はオプジーボの16年度予想販売額を約1260億円と見込むが、厚労省は流通経費や消費税分などを加味した結果、少なくとも1516億円以上となると推計。50%の引き下げが可能と判断した。

厚労省は当初25%値下げする案を軸に検討していた。しかし、欧米でのオプジーボ販売価格が日本の半値以下ということと、政府内でさらなる引き下げを求める声が強まったため、下げ幅を拡大することにした。

総会では、企業の開発意欲をそぐことがないよう配慮すべきだとの指摘が出たが、引き下げ案に関して大きな異論は出ず、了承された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2016.11.16]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告