[ニュース]趙名誉名人が勝利=AIに2勝1敗−第2回囲碁電王戦
[2016.11.24] 他の言語で読む : ENGLISH |

囲碁の歴代最多タイトル獲得数を誇る趙治勲名誉名人(60)と、人工知能(AI)囲碁ソフト「DeepZenGo(ディープゼンゴ)」がハンディ無しで対局する第2回囲碁電王戦3番勝負の最終局が23日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、黒番の趙名誉名人が167手で中押し勝ちし、2勝1敗で勝ち越しを決めた。

第2回囲碁電王戦の第3局に勝ち、2勝1敗で同戦を制した趙治勲名誉名人(右奥)。手前はAI囲碁ソフト「ディープゼンゴ」開発者の加藤英樹氏=23日、東京都千代田区の日本棋院(時事)

ディープゼンゴは、電王戦を主催するドワンゴ(東京都中央区)や東京大学などの支援を受け、「ディープラーニング(深層学習)」などの技術を導入して開発が進められている日本製の囲碁AI。トップ棋士にはまだ及ばなかった。

終局後、趙名誉名人は「めちゃくちゃ強いところと弱いところがあって、人間と打ったような気がする」と振り返った。ディープゼンゴ開発者の加藤英樹氏(62)は「きょうは完敗だったが、直すべき所がはっきり分かった。得るものが多いシリーズだった」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2016.11.24]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告