[ニュース]豪華列車「四季島」を公開=最高のおもてなしアピール−日光駅で・JR東日本
[2016.12.06] 他の言語で読む : ENGLISH |

JR東日本が2017年5月に運行を始める豪華寝台列車「四季島(しきしま)」が5日、日光駅(栃木県日光市)で報道陣に公開された。

四季島はラウンジカーや食堂車を含む10両編成で、総工費50億円以上。シャンパンゴールドの車体やガラス張りの展望車が、優雅な雰囲気を演出している。

運行訓練で日光駅に到着したJR東日本の豪華周遊列車「四季島(しきしま)」とトレインクルー=5日、栃木県日光市(時事)

この日は運行訓練を行い、実際の周遊コースの日光駅に立ち寄り、公開された。トレインクルーは来年5月までに全員が交代で乗車し、車内サービスなど一連の流れを確認する。クルーの宗平礼美さん(41)は「運行開始当初から最高のおもてなしができるよう、万全の体制を整えていきたい」と笑顔で話した。

ホームで出迎えた飯村和幸日光駅長も「地域の方と一緒に、上質で洗練された旅行を提供していきたい」と意気込みを語った。

定員は17組34人で客室は全てスイートタイプ。東京・上野駅を出発し、1〜3泊かけて日光や東北、北海道などを周遊。値段はコースや部屋の利用方法により異なるが、1人当たり32万〜115万5000円に設定されている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2016.12.06]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告