[ニュース]小池氏が築地市場視察=豊洲の安全「真に確認」-地下水調査結果、14日公表
[2017.01.12] 他の言語で読む : ENGLISH |

東京都の小池百合子知事は12日、豊洲市場(江東区)への移転を延期した築地市場(中央区)を視察し、業界団体の代表らと意見交換した。小池氏は席上、豊洲市場で定期的に行っている地下水調査の最終回の結果を14日に公表すると説明。専門家会議で検証し、「安全安心の真の確認をした上で移転する」と述べた。

小池氏が築地市場を視察するのは、2016年8月の延期決定後、初めて。この日は午前5時すぎから鮮魚や青果物の競りを視察した。生鮮マグロ卸売場では移転推進派と慎重派の業者に囲まれ、両者の声に耳を傾けた。

意見交換では、築地市場協会の伊藤裕康会長が先を見通せない業者の苦悩を強調。「今年度中には一定の判断を示していただきたい」と迫った。これに対し、小池氏は「一日も早く結論を出したいが、消費者の観点から安全安心が何よりも優先される」と理解を求めた。

最終回の地下水調査結果は、14日に開かれる専門家会議に報告される。小池氏は会議がまとめる見解などを踏まえ、今夏にも移転の可否や時期に関する判断を下す考えだ。豊洲市場は16年11月に開場する予定だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.01.12]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告