[ニュース]10施設で浸水対策不十分=柏崎刈羽、もんじゅなど−志賀原発雨水流入で調査
[2017.02.09] 他の言語で読む : ENGLISH |

北陸電力志賀原発2号機(石川県)の原子炉建屋内に雨水が流入した問題を受け、原子力規制委員会が電力会社などに指示した調査の結果、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)や福島第2原発(福島県)、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)など10の原子力施設で、建屋貫通部の止水など浸水防止措置が不十分だったことが8日、分かった。同日の規制委定例会で報告された。

規制委は設計上不可能な部分を除き、原則として全ての貫通部に止水措置を講じるよう指示。田中俊一委員長は「雨水流入は自然現象なのでいつ起きるか分からない。計画だけでなく速やかに対策を実施してほしい」と述べた。

志賀2号機では昨年9月、大雨で原子炉建屋に雨水約6.5トンが流入。照明機器の電源盤がショートした。建屋とトレンチ(ケーブルなどの地下通路)をつなぐ貫通部が止水されておらず、規制委は同11月、原子炉建屋など安全上重要な施設の状況調査を電力会社などに指示していた。

調査結果によると、東電の2原発ともんじゅのほか、東北電力女川(宮城県)、中部電力浜岡(静岡県)、中国電力島根(島根県)、日本原子力発電敦賀(福井県)の各原発、原子力機構の東海再処理施設(茨城県)と日本原燃の六カ所再処理工場(青森県)で、建屋に止水措置がされていない貫通部が残っていた。福島第2と志賀、東海再処理の3施設では、排水ポンプなど止水以外の浸水防止手段も取られていない貫通部があった。

止水措置が不十分だったのは主に沸騰水型原発で、新規制基準に合格して再稼働した九州電力川内原発(鹿児島県)など加圧水型原発は、審査中のものを含め措置が終わっていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.02.09]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告