[ニュース]障害者接遇手引き、来年度中に=東京パラへ行動計画−政府
[2017.02.20] 他の言語で読む : ENGLISH | العربية |

政府は2020年東京五輪・パラリンピックに向け、年齢や国籍の違い、障害の有無などに関係なく誰もが暮らしやすい共生社会の実現を図る「ユニバーサルデザイン(UD)」化の取り組みを強化する。20日に関係閣僚会議を開き、障害者らへの接遇マニュアルを17年度中に策定することなどを盛り込んだ行動計画を公表する。

UDの推進は、安倍晋三首相の1月の施政方針演説にも盛り込まれた。政府は世界中から多様な人々が集まる五輪を機にUDの理念を定着させ、五輪のレガシー(遺産)の一つとしたい考えだ。

行動計画は「心のバリアフリー」と街づくりの2本柱。接遇マニュアルは前者を推進するもので、交通事業者や観光・流通・外食業界を対象に、障害者団体を交えて業界単位で策定。18年度から普及を図る。盲導・聴導犬を連れた障害者の乗車・入店拒否といった差別的扱いをなくす狙いがある。学校教育や企業研修などを通じた啓発も促す。

障害者らを支援したい人を可視化するため、18年度をめどに統一のマークも作成する。

街づくりに関しては、五輪・パラリンピックの競技会場だけでなく、周辺エリアの駅や公園、成田・羽田両空港などのバリアフリー化を進める。公共交通分野については、バリアフリー法上の基準の厳格化も検討する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.02.20]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告