[ニュース]1分で手荷物預け=自動化、国際線で初導入−成田空港
[2017.03.29] 他の言語で読む : ENGLISH | العربية | Русский |

航空機搭乗前の手続き時間が大幅に短縮できる「自動手荷物預け機」が、30日から国際線では初めて成田空港に導入されることになり、28日、報道関係者に公開された。自動チェックイン機も併用すると、平均20分程度の搭乗前手続きが2〜3分で済ませられるという。

国際線では初めて成田空港に導入される「自動手荷物預け機」のデモンストレーション=28日、千葉・成田空港(時事)

自動預け機は、国内線では既に羽田空港で一部採用済みだが、国際線では手荷物預かり前に航空会社がパスポートや搭乗券を確認する保安上のルールがあり、導入が遅れていた。

訪日外国人が増加し、東京五輪・パラリンピックも控える中、カウンター前の行列を解消しようと導入が決まった。当面は第1旅客ターミナルビル北ウイングにカウンターがあるエールフランスや大韓航空など4社向けに供用される。

28日のデモンストレーションでは、旅客役が搭乗券をパネルにかざしたり、タッチボタンを操作したりするとタグや預かり証が発行され、ほぼ1分間で手荷物預けが終了した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.03.29]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告