[ニュース]2万2000ベクレル検出=プルトニウム239など-原子力機構職員の被ばく・茨城
[2017.06.07] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | Русский |

日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で核燃料物質の点検作業中に職員ら5人が被ばくした事故で、原子力機構は7日、うち50代の男性1人の肺から放射性物質プルトニウム239が2万2000ベクレル検出されたと発表した。6日夜の時点では鼻腔(びくう)から最大24ベクレルが検出されたとしていた。機構は他の4人を含め、5人全員を放射線医学総合研究所(千葉市)に搬送し、詳しく調べる。

原子力機構によると、2万2000ベクレルが検出された職員の今後50年間の推定被ばく量は、最大で12シーベルトに達する。機構は5人に放射性物質の排出を促す薬剤を投与しており、「実際の被ばく量は今後下がると考えられる」と説明した。被ばくした5人は、現時点では不調を訴えていないという。

記者会見した原子力機構安全・核セキュリティ統括部の石川敬二次長は「記憶にある限り、このレベルでのプルトニウムの吸入はない。健康への影響については、実際の被ばく量が確定してから慎重に見ていく」と述べた。

事故は6日、同センターの燃料研究棟で、核燃料に用いるプルトニウムやウランの酸化物が入った金属容器の点検作業中に起きた。容器を納めた外側のビニール製バッグが破裂し、男性職員ら5人の手足や耳などに放射性物質が付着した。

機構は6日夜の時点で、うち3人が放射性物質を吸引し、最大で24ベクレルの放射性物質が鼻腔内から検出されたと発表した。その後の検査で、1人の肺からプルトニウム239が2万2000ベクレル、アメリシウム241が220ベクレル検出された。他の職員の肺からも微量の放射性物質が検出された。

原子力規制庁によると、1993年12月に原子力機構の再処理施設(茨城県東海村)で作業員4人がフィルターの交換作業中にプルトニウムなどの放射性物質を吸引した事故では、内部被ばく線量が50年間で2.6~90ミリシーベルトになると評価されたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.06.07]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告