[ニュース]桐生、9秒98の快挙=日本勢初、10秒の壁突破−陸上100メートル
[2017.09.11] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | ESPAÑOL |

福井市の福井運動公園陸上競技場で9日行われた陸上競技の日本学生対校選手権男子100メートル決勝で、桐生祥秀(21)=東洋大=が日本選手で初めて10秒の壁を破る9秒98(追い風1.8メートル)の日本新記録を樹立した。従来の日本記録は1998年12月のバンコク・アジア大会で伊東浩司がマークした10秒00で、19年ぶりに更新した。

日本学生対校陸上の男子100メートル決勝で、日本選手初の9秒98を記録し、笑顔を見せる桐生祥秀(東洋大学)=2017年9月9日、福井運動公園陸上競技場(時事)

68年にジム・ハインズ(米国)が史上初の9秒台をマークして以来、10秒の壁を破った選手は120人以上いるが、ほとんどが北中米やアフリカの黒人選手。アジア勢ではアフリカ出身でカタールに国籍を変更した2人と、2015年に9秒99を出した蘇炳添(中国)の計3人がこれまでに9秒台を記録している。

世界記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)が09年にマークした9秒58。日本陸上界にとって9秒台は長年の夢だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.09.11]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告