[ニュース]中間貯蔵施設、本格稼働=除染土仮置き場解消へ一歩−環境省
[2017.10.30] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | Русский |

環境省は28日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土や廃棄物を保管する中間貯蔵施設(福島県大熊町、双葉町)で、除染土の貯蔵を開始した。県内に約1100カ所あり、復興の妨げとなっている除染土の仮置き場の解消につなげる。

カバー付きベルトコンベヤーで中間貯蔵施設の土壌貯蔵施設に運び込まれる除染土=2017年10月28日、福島県大熊町(時事)

この日稼働したのは、放射性セシウムの濃度に応じて分別した除染土を保管する「土壌貯蔵施設」。大熊町内の仮置き場にあった36立方メートルを搬入した。視察した伊藤忠彦環境副大臣は記者団に、「県全体にある(除染土が入った)フレコンバッグを一つでも早く生活圏から取り除くことができれば」と語った。

土壌貯蔵施設では、除染土を運び込む穴の底面に遮水シートを敷き、地下水汚染を防止。雨水などは水処理施設で放射性物質を除去した上で河川に流す。除染土の搬入にもカバー付きベルトコンベヤーを使い、周辺への飛散を防ぐ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.10.30]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告