【Photos】21世紀TOKYO建築

佐藤 振一 (撮影)【Profile】

[2011.12.26] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |
現代建築の実験場—かつて東京はそう呼ばれた時代があった。21世紀になって、東京はどう変貌しつつあるのか。建築都市TOKYOをめぐる旅へ出かけよう!

新陳代謝する都市

世界中を見渡してみても、東京はかなり特殊な都市である。そのキャラクターを強めている重要な要素は、数々の現代建築。街を歩けば、必ずといってよいほど建築物を取り壊して新築している光景を目にする。

時代の要請としてスクラップ・アンド・ビルドからサスティナブルな都市環境へと移行しつつあるものの、地震大国でもある日本では、建物の老朽化に伴う建て替えは充分な説得力をもつため、活発な都市の新陳代謝が繰り返されてきた。

西欧の都市に比べ歴史や様式がもつ「都市の呪縛」から比較的自由な東京では、新しいスタイルの建築物が数多くつくられてきた。戦後の高度経済成長期(1960年代)からバブル期(1990年前後)まで、常識にとらわれずに発想する国内外の有能な建築家が個性を競い合い、東京はさながら「建築の実験場」となっていた。

公共建築から商業建築へ

2000年代に入るとグローバリズムに伴う、マンションなどの投機的な建設ラッシュが再発したが、それと同時に建築界には大きな変化が見られた。いわゆるラグジュアリーブランド、グローバル・ファッションブランドの自社ビル建設を伴う出店ラッシュである。

建築やインテリアスペースを中心に、都市の相貌(そうぼう)を見つめてきた写真家の佐藤振一は、「21世紀になってからの10年間は東京の建築物が質的に変容した時期だ」と言う。

「それまでは公共的な施設を設計していた建築家も、商業建築に積極的に関わるようになった。ブランドも建築家とのコラボレーションがトレンドとなり、建築を自らのアイデンティティを示す斬新な手段と見なすようになった」。

文=加藤 純(建築ライター)
協力=『商店建築』編集部
撮影協力(東京スカイツリー)=東武ホテルレバント東京

この記事につけられたタグ:
  • [2011.12.26]

インテリア・建築写真のスペシャリストとして建築誌を中心に作品を発表。大型カメラを用いたルポルタージュを得意とし、ドキュメンタリー系の媒体でも活動。ライフワークとして都市の日常をテーマにした作品づくりを続けている。写真集に作家・吉本由美氏との共著で東京の街を描いた『今わたしの居るところ』(2000年ギャップ出版)がある。

website:http://www.satoshinichi.com

関連記事