【Photos】 3.11、そして⋯。
震災後の光景を振り返る
[2011.10.19] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |
2011年3月11日。日本を、そして世界を震撼させた東日本大震災。今、もう一度、あの日の光景を振り返る。記憶を風化させないために。

2011年3月11日、午後2時46分。東日本大震災が発生。そして、東北から関東にかけての太平洋沿岸の町を、巨大な津波が襲った。

津波が到達した瞬間。次第に明らかになる被害の全貌。絶望に打ちひしがれる人々……。やがて被災地に笑顔が戻り、人々は生活を取り戻すために立ち上がった――。

多くの写真家たちが、この未曾有の災害を記録している。震災発生から約2カ月間の歩みを、これらの写真で、あらためて振り返ってみたい。

1000年に一度といわれる大災害が発生した2011年も、終わろうとしている。しかし、写真の中のガレキの山は現地に残されたままだ。津波にさらわれた町は更地に戻されたが、新しい町づくりの青写真は未だに見えてこない。一日も早い復興を実現するためにも、あの時の光景を忘れてはならない。

撮影=河北新報、徳洲新聞、川井 聡、シュープレス、久山 城正、松田 忠雄

 

さらに詳しくご覧になりたい方は、JAPANECHO.netをご覧ください。

河北新報:河北新報がとらえた大震災
徳洲新聞:被災地に医療を
川井聡:立ちすくむ被災地の笑顔たち被災地に咲く花
シュープレス:一歩一歩、復興に向けて動き出した沿岸の町
久山城正:風化する爪痕
松田忠雄:歩きましょう 吉里吉里の合同葬儀

この記事につけられたタグ:
  • [2011.10.19]
関連記事