【Photos】福島の被ばく地でネコと暮らす

太田 康介(撮影)【Profile】

[2016.06.15] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |
福島第一原子力発電所から12キロに位置する福島県富岡町。この町で今でも避難せずに暮らしている人間と動物たちがいる。松村直登さんと犬や牛、イノシシ、そして2匹のネコたちだ。動物の保護活動に取り組む写真家が捉えた彼らの日々の暮らしを紹介する。

動物たちの命を救った男

2011年6月、東日本大震災が発生してから3カ月後、人がいなくなった福島第一原発の20キロ圏内で、取り残された動物たちの保護と給餌活動をしていた私は、松村直登(なおと)さんに出会った。場所は、原発から12キロに位置する福島県双葉郡富岡町だった。

松村さんは、人々が避難して誰もいなくなった町で、そこに取り残された犬猫の餌やりをたった一人で行っていた。さらに商業的な価値がなくなり、殺処分を待つだけの牛たちを引き取って面倒をみていた。彼がいなければ、震災直後の富岡町の動物たちはかなり危うい状態になっていたに違いない。

運命を変えた出会い

2013年の夏、福島県が運営している動物の保護施設の前に4匹の子ネコが捨てられていた。その保護施設では原発20キロ圏内の犬猫のみを引き取るという取り決めがあり、どこから来たか分からない子ネコは保健所に送られて殺処分になる運命だった。捨てられた後で彼らの生活がどうなるか想像できない人間の傲慢(ごうまん)さの犠牲者と言ってもいい。しかし不憫(ふびん)に思った保護施設のボランティアが知り合いだった松村さんに声を掛けたことで、子猫たちの運命は一変した。

「かわいそうだっぺ」。その気持ちで見捨てられたたくさんの動物の世話をしていた松村さんは、子ネコたちを自分の家に迎い入れた。その後、オスの2匹はもらい手が現れ、残ったメスの姉妹が「しろ」「さび」と名付けられ、松村さんと暮らすことになった。

動物たちも福島の住民だ

震災から5年がたった現在、警戒区域は解除されたが、富岡町を含む原発20キロ圏内の9割以上の地域ではいまだに人が住むことができない。無人の町で、今でも動物たちは飢餓に苦しんでおり、松村さんら有志が餌を与えてその命をつないでいる。

政府は放射能で汚染された地区の除染のみに躍起になって、残された動物たちのことは何も考えずに穢(けが)れた土地をリセットしようとしているようにも思える。段階的に避難指示が解除されつつある土地は、大半の住民が帰還せず、ぬくもりが感じられない無機質な街に変わっていた。そこにはかつて人間と暮らしていた動物たちはもういない。

そんな“クリーン”な街にたたずんでいると、命の気配のない空間を作ることが果たして復興というのだろうかと考え込んでしまう。一緒に生きてきた動物たちも含めて再生することが、真の復興につながるのではないか。

住民が消えた土地は皮肉なほど緑にあふれている。私たち人間が汚染された土地の処理に苦慮している傍らで、無邪気に遊ぶしろとさび。そんな動物たちとともに、生まれ育った土地でかたくなに生きる松村さんの姿は、これからの福島における人間と動物との関わりの一つの在り方を示しているように思えてならない。

写真・文=太田 康介

この記事につけられたタグ:
  • [2016.06.15]

1980年代後半から90年代にかけてアフガニスタン、カンボジア、旧ユーゴスラビア連邦などで報道写真家として活躍。東日本大震災後は、福島第一原発20キロ圏内で、取り残された動物たちの保護活動を行いながら、彼らの姿を撮影。2011年に『残された動物たち』、2012年に『待ちつづける動物たち』、2015年に福島県富岡町でネコたちと暮らす松村さんの日々を記録した『しろさびとまっちゃん』を出版。現在も同原発近くに残された動物の保護活動を続けている。

website:http://ameblo.jp/uchino-toramaru/

関連記事