【Photos】現代に息づく名庭園

佐藤 振一【Profile】/澤田 忍【Profile】

[2017.07.24] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |
日本庭園は雄大な景色を背景に取り込んだり、瀧や川の流れなど自然の風景そのものを表現したりするなど、日本人の自然観を表してきた空間だ。その中でも宿泊施設や美術館などにある、訪問者が利用しながら楽しめる名園を紹介しよう。

1000年の歴史を超えて

日本庭園の黎明(れいめい)期は、古墳時代にさかのぼる。それから1500年以上、連綿と続く歴史を持つ。寺院の庭のように作庭当時の姿をとどめる庭園もあるが、その多くは時代の移り変わりとともに姿を変えながら現在に至っている。数百年の時の流れを経て残された名庭園を、現代を生きる私たちが体験できることの至福。日本庭園とは、これほどまでに贅沢(ぜいたく)な体験ができる場所なのだ。

庭園の鑑賞法

私たちが見るべき価値のある庭園の代表的な例に、「特別名勝」や「名勝」の指定を受けた庭園がある。これは歴史的、文化的価値の高いものとして、まさに時代の荒波を乗り越え、残るべくして残った庭園である。これらの庭園は、入場料を払い、現代に残してくれた過去の人々に畏敬の念を示し隅々まで鑑賞してほしい。

一方、美術館やホテル、レストランなどの商業施設内にある庭園にも、歴史的、文化的な評価の高いものが数多くある。その施設に入れば、庭園鑑賞はもちろん、庭園を体感しながら行われるイベントや食事も楽しむことができる。多くの人々が気軽に庭園を鑑賞できるスペースであるという点で、現代的な名園とも言えるだろう。

現代庭園の3タイプ

歴史的価値を持ちながらも現代的で魅力ある庭園は、主に以下の3タイプに分類できる。

①名士の庭園

日本の近代史に名を連ねるような実業家の邸宅が結婚式場やレストランとして生まれ変わっているケースも多い。その庭園は見応えのあるものであり、時の成功者がつくり上げた絢爛(けんらん)さを今に伝える貴重な場となっている。その華やかさは典型的なハレの場である結婚式場にふさわしく、庭園は格好の演出装置としての役割を果たしている。代表的な庭園としては、「辻家」「国際文化会館」「八芳園」などがある。

名士の庭園。結婚式場にある日本庭園の代表例。八芳園庭園

八芳園庭園
〒108-0071東京都港区白金台1-1-1
TEL:03-3443-3111(代表)
http://www.happo-en.com/

②美術館・博物館の庭園

日本には庭園と一体となった美術館や博物館が多数ある。庭園も一つの芸術作品としてとらえることができ、その施設を特徴づけるスペースとして存在している。代表的な庭園としては、「玉堂美術館」「北方文化博物館」「箱根美術館」などがある。

美術館・博物館にある日本庭園の代表例。 箱根美術館庭園

箱根美術館庭園
〒250-0408神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
TEL:0460-82-2623
http://www.moaart.or.jp/hakone/

③ホテルなどにある庭園

庭園をおもてなしの心を表すものとして維持管理している代表格に挙げられるのが、ホテルや旅館の敷地にある庭だ。例えば「ウェスティン都ホテル京都」「ホテルニューオータニ」などの庭園は、近代日本庭園のパイオニア・七代目小川治兵衛や昭和を代表する作庭家・岩城亘太郎が手掛けたもので、重厚で密度の高い庭園となっている。

ホテルにある日本庭園の代表例。 ウェスティン都ホテル京都「佳水園」庭園

ウェスティン都ホテル京都「佳水園」庭園
京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
075-771-7111(代)
http://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/

庭園を庭園として鑑賞するだけでなく、施設全体の中の一つのスペースとして、空間体験をしながら日本庭園で時間を過ごしてみてはいかがだろうか。一味違う庭園鑑賞となるはずだ。

写真=佐藤 振一
文=澤田 忍
協力=建築資料研究社 季刊『庭』編集部

バナー写真:ホテルニューオータニ日本庭園

この記事につけられたタグ:
  • [2017.07.24]

写真家。1966年生まれ。20歳のときに4×5判カメラを購入して以来、現在でもクラシックなスタイルのビューカメラを愛用。超高画素カメラの持つ精緻な描写と独特な透明感を生かした作品制作を続けている。

website:http://www.satoshinichi.com

季刊『庭』編集長。エディター、ライター。1991年(株)商店建築社入社『月刊商店建築』にて編集に携わる。2008年よりフリーランス。インテリアデザイン、グリーン、ランドスケープ関係の雑誌、書籍の編集、執筆に携わる。

関連記事