【360°】双龍図&風神雷神
京都最古の禅寺 建仁寺

染瀬 直人 (撮影)【Profile】

[2011.10.25] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |
京都最古の禅寺である建仁寺。巨大な天井画『双龍図』と国宝『風神雷神図屏風』を、臨場感溢れる360度パノラマで撮影した。普段は眺めることができない角度から、荘厳な情景をご覧ください。

建仁寺は日本に臨済宗を伝えた栄西禅師が、1202年(建仁2年)に開山した京都最古の禅寺。華やかな祇園に隣接しながらも、静寂感溢れる佇まいを保ち、少しでも禅の教えに触れたいと訪れる人が絶えない。

国宝『風神雷神図』は金地の二曲一双屏風。躍動感溢れる風神と雷神、大胆に余白をとって配置したダイナミックな構図で、俵屋宗達の最高傑作といわれる。名庭と誉れ高い『潮音庭』に面した大書院に置かれている。今回は360°パノラマで『風神雷神図』と『潮音庭』を一度に楽しめるように撮影した。

また、最近は、創建800年を記念して、2002年に奉納された法堂の天井画『双龍図』も人気だ。小泉淳作画伯が約2年の歳月をかけて取り組んだ力作で、縦11.4×横15.8mという巨大さで観るものを圧倒する。

天井画を鑑賞するときは、見上げる姿勢を長時間保つのが大変だが、360°パノラマなら、座ったままじっくりと眺めることができるだろう。

撮影協力=建仁寺
※パノラマ内の『風神雷神図』は複製です。

この記事につけられたタグ:
  • [2011.10.25]

日本大学芸術学部写真学科卒。写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。2014年ソニーイメージングギャラリー銀座にて、作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。360度作品や、シネマグラフ、タイムラプス、ギガピクセルイメージ作品を発表。VR未来塾主宰。360°動画の制作ワークショップなどを開催。Kolor GoPro社認定エキスパート、Autopano Video Pro公認トレーナー。

website:http://www.naotosomese.com

関連記事