【360°】日本三景 宮島
世界遺産・厳島神社と瀬戸内の自然

染瀬 直人 (撮影)【Profile】

[2011.12.19] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |
日本三景の一つ「安芸の宮島」。海に浮かぶ神殿を持つ厳島神社をシンボルとし、恵み豊かな瀬戸内海と秋には紅葉の山に囲まれる美しく神々しい島だ。日本屈指の名勝を、360度パノラマでご堪能ください。

360°パノラマの楽しみ方広島県の「安芸の宮島」は、「陸前の松島」(宮城県)と「丹後の天橋立」(京都府)と並び、日本を代表する三つの名勝“日本三景”として知られる。瀬戸内海の青さと山の原始林の深緑に囲まれた美しい島は、周辺の人々にとっては太古から信仰の対象だったという。

平安時代末期に栄えた平家一族はこの島を崇敬し、特に隆盛を極めた平清盛(1118~1181)によって、1168年に現在の厳島神社の社殿が建立された。満潮時には海に浮かんだように見える神殿と大鳥居の鮮やかな朱色が、宮島の青と緑の景観の中でつややかなアクセントとなっている。

外国人観光客にも人気のスポットだが、2012年には日本を代表するテレビドラマシリーズ「大河ドラマ」が平清盛を題材とすることから、さらに多くの観光客が訪れるだろう。

このパノラマでは宮島が一番美しいとされる、紅葉に色づく秋に撮影。世界遺産・厳島神社を筆頭に、豊臣秀吉(1537-1598)を祭る豊国神社の千畳閣、原生林を生かした紅葉谷公園の庭園を紹介する。

撮影協力=厳島神社

 

▼関連記事

【動画】世界遺産 厳島神社 Time Lapse Video

この記事につけられたタグ:
  • [2011.12.19]

日本大学芸術学部写真学科卒。写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。2014年ソニーイメージングギャラリー銀座にて、作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。360度作品や、シネマグラフ、タイムラプス、ギガピクセルイメージ作品を発表。VR未来塾主宰。360°動画の制作ワークショップなどを開催。Kolor GoPro社認定エキスパート、Autopano Video Pro公認トレーナー。

website:http://www.naotosomese.com

関連記事