シニア消費から見る日本の高齢化社会

65歳以上の高齢者が総人口の27パーセント近くを占める日本。シニア市場の拡大が新たなビジネスチャンスを生むといわれる一方で、老後破産への不安も広がっている。さまざまなシニア消費のデータや多様化するニーズ、流通業界のシニア市場戦略などから見えてくる日本の超高齢化社会を考える。

宅配食や御用聞きで「高齢者見守り」—シニア層に照準を合わせるコンビニ業界

コンビニエンスストア業界が、宅配サービスに力を入れている。セブン-イレブンのお食事お届けサービス「セブンミール」を中心に高齢化社会における“生活インフラ”としてのコンビニの役割強化を紹介する。
more

ライフスタイルにこだわるシニア層:「百貨店にできることはまだある」

高品質な商品の品揃えと丁寧な接客、高いブランドイメージで顧客の信頼を得てきた日本の百貨店業界。シニア層の消費動向をどう分析し、どのような手を打っているのか。業界最大手の社長に聞いた。
more

シニア消費の現場から読み解く超高齢社会・日本村田 裕之

高齢化の進行によるシニア市場の拡大が注目されるが、高齢者たちのニーズは多様化している。具体的な消費行動から、60歳以上のシニアたちの今と将来を展望する。
more

データから見たシニア消費の実態熊野 英生

日本の多くの高齢者は、豊かなのか、貧しいのか。高齢化社会で「老後破産」への不安が募る中、さまざまなデータから高齢者世帯の実像に迫る。 
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告