東京マラソン2017 男女ともケニア勢が日本国内最高記録で優勝(Japan in Photos)
[2017.02.27] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | العربية |

「東京マラソン2017」が26日、都庁から東京駅前にゴールする、これまでより平たんな新コースで行われた。男子はウィルソン・キプサングが2時間3分58秒、女子はサラ・チェプチルチルが2時間19分47秒と、ともにケニア勢が日本国内最高記録で優勝した。写真は、レース序盤でペースメーカーについて走る男子ランナー。ゼッケン1番は優勝したキプサング(写真:時事通信フォト)

  • [2017.02.27]
この記事につけられたタグ:
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告