1箱40万円、高級マンゴー(Japan in Photos)
[2017.04.13] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

13日午前、宮崎県産完熟マンゴーの高級品「太陽のタマゴ」が販売解禁となり、宮崎県内をはじめ東京、大阪などの市場で初競りが行われた。宮崎市中央卸売市場では、西都市産の4Lサイズ(約500グラム)2個入り1箱が、過去最高の40万円で競り落とされた。午後には福岡市の百貨店で販売される。熟して落下する果実をネットで受け止めて収穫する完熟マンゴーの中で、色や形、重さ350グラム以上、糖度15度以上などの基準を満たした約15%のみが「太陽のタマゴ」となる。JA宮崎経済連によると今年は例年通りの出来で、品質も良好だという。収穫は5月から6月にピークを迎える。(時事)

  • [2017.04.13]
この記事につけられたタグ:
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告