世界陸上男子200:サニブラウンが最年少で決勝進出(Japan in Photos)
[2017.08.10] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | ESPAÑOL | Русский |

陸上の世界選手権第6日は9日、ロンドンで行われ、男子200メートル準決勝の2組で18歳5カ月のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東京陸協)が20秒43(向かい風0.3メートル)で2着となり、10日の決勝に進んだ。2005年大会で決勝に進んだウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11カ月を更新する史上最年少記録。日本勢では03年大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、14年ぶり2人目の決勝進出となった。

写真:男子200メートル準決勝、力走するサニブラウン=9日、英国・ロンドン(時事)

  • [2017.08.10]
この記事につけられたタグ:
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告