故郷は台湾——「湾生」・岡部茂さんを訪ねて
[2015.07.13] 他の言語で読む : 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS |

戦前の日本の統治下であった台湾で生まれ育ち、戦後本土へ引き揚げた人を特に「湾生(わんせい)」という。28歳まで台湾台北で過ごした岡部茂さん(97歳)が、70周年を迎えた「台北大空襲」など第二次大戦前後の台湾とその後の人生について語った。

岡部 茂

岡部 茂OKABE Shigeru1918年、日本統治下の台湾台北市大正町に生まれる。1931年、台北建成小学校卒業後、台北州立第一中学校(現在の台北市立建国高級中学)へ入学。1936年、同校卒業後、家業の印刷所に入社。1945年、台湾の地元青年たちと共に召集されるが、間もなく終戦となる。その後、全財産を中国からやってきた中華民国政府に接収され、印刷技術指導のために抑留徴用(留用)される。翌年1946年12月、留用解除。台湾基隆港より引き揚げ。年明けの1947年1月、佐世保港に上陸後、本籍地であった群馬県前橋市に落ち着く。同年、前橋市内の印刷会社へ入社。1997年3月、勤続50年を期に退社。長男が経営する印刷会社に入社、2014年退社。

忘れられていく「台北大空襲」

第二次大戦末期の1945年5月31日。日本の統治下だった台湾台北でも連合国による大空襲があった。台北大空襲である。しかし、時の流れとともに、当時の様子を知る人は台湾人でさえも少なくなってきている。群馬県前橋市に一人、その時のことを今も鮮明に記憶している古老がいる。戦前に台湾で生まれ育った引揚者、「湾生」(わんせい)、岡部茂さん(97歳)だ。

今も第一の故郷は台湾と言ってはばからない岡部茂さん。その人生は、今日の日本では到底想像できないほど波乱に富み、戦前と戦後を、日本と台湾の関係を深く考えさせるものだ。

台北大空襲と終戦から70年となる今年。岡部さんに約1世紀の話を聞いた。

第一の故郷は台湾

——当時の台北での生活の様子を教えてください。

岡部茂さん(以下 岡部) 私は、大正7年(1918年)、台北市大正町で生まれ、台北一中を卒業するまで大正町4条(現在の長安東路付近)で過ごし、卒業から引き揚げまでは御成町4丁目(現在の中山北路2段、南京西路付近)で過ごしました。

父が当初、建設関係の仕事をしていたことから、新たに区画整理された住宅地の大正町で、今でいうモデルハウスのような家に住んでいました。上下水道完備、床は基本的に畳ではなくコルク、台風などの水害に備えて少し床高に設計、水洗トイレに収納付きと、大変ぜいたくな造りでした。

その後、御成町に移りましたが、住宅兼職場の岡部印刷は、もともと台北帝大医学専門学校の学寮を利用したもので、相撲の土俵やテニスコートがありました。近所には、台拓(台湾拓殖株式会社)の社長の家や辜振甫(台湾初の貴族院勅選議員・辜顕栄の長男。対中交渉窓口機関・海峡交流基金会の初代理事長)の家、米国領事館などがありました。

当時の岡部印刷(岡部茂さん提供)

1930~1945年頃、建成小学校に通学していた生徒の住居地図(15回生 徳丸薩郎さん 作図)

台北一中への通学では、自宅と少し距離がありましたので自転車を利用しました。今では考えられないことですが、男女が同じ道を歩くことが許されませんでした。一中までの途中にあった二高女(台北州立台北第二高等女学校)前の道路は、男子は決して使うことは無く、わざわざ迂回や反対側の道路を使って往来していました。小学校でも男子用、女子用の校門があり、男女別のクラスが普通の時代でした。

昨年、嘉義農林が甲子園で準優勝したことが映画化され、台湾や日本で話題になりましたが、実は、私はその台北予選の決勝を実際に円山球場(現在の花博公園争艶館)で観戦していました。当時の台湾中の熱狂ぶりは、今でもよく覚えています。甲子園出場後も、床屋さんがラジオから流れる点数や試合結果を、わざわざスコア表にして街中に知らせていました。

この記事につけられたタグ:
  • [2015.07.13]
関連記事
その他のインタビュー

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告