ホーム > 人気のキーワード
アベノミクス
「アベノミクス」の農協改革 これで終わらせてはならない山下 一仁

安倍政権が約60年ぶりとなる農協組織の改革に着手し、農協側の同意を得た。改革の背景にある日本の農協の特殊性と今後の課題を考える。
more

「移民」含めた労働力の供給拡大こそ最重要—米経済専門家から見たアベノミクス

アベノミクス(安倍晋三政権の経済政策)も2015年で3年目に入った。評価の決め手は3本目の矢「成長戦略」が経済成長という的を射抜くことができるかどうか。各種政策がぎっしり詰まった第3の矢で何を最優先して射るのか。米経済専門家は、移民を含めた労働力の供給拡大こそ最重要だと指摘する。 アダム・ポーゼン所長(笹川平和財団提供) 米シンクタンク、ピーターソン国際経済研究所のアダム・ポーゼン所長は…
more

甦るか日本の株価

バブル経済の崩壊後、なかなか復活しない日本の株価。アベノミクスで上昇基調にあるものの、これは本格的な経済復活につながるものなのか、それとも、これまでに何回もあった金融相場による一時的現象なのか。
more

日本の財政再建~1000兆円超す「国の借金」どう減らす?

自民圧勝に終わった衆院選を受けて、第3次安倍内閣が引き続き取り組むべき経済政策課題は多い。短期的には正念場のデフレ脱却や景気回復へのテコ入れ策に迫られるが、中長期的にはアベノミクスの成長戦略推進とともに、消費税再増税を含む財政健全化に向けたイバラの道が続く。
more

衆院選:自民大勝は「消極的支持」の結果竹中 治堅

自公両党が再び大勝した衆院選。筆者は、有権者が現時点で「アベノミクス」を評価するのは困難で、消極的ながらも現状維持を望んだ結果だと分析する。
more

日本の雇用はこれからどうなるのか玄田 有史

増加する非正規労働者への対応、人手不足、高齢者雇用など、雇用問題は日本経済再生や財政再建に関わる重要課題だ。完全失業率、雇用形態の推移などのデータから、日本の雇用の在り方を考える。
more

安倍首相、衆議院解散、総選挙は新憲法下通算25回目

衆議院は2014年11月21日の本会議で解散された。総選挙の日程は12月2日公示-14日投開票で行われる。今回の衆議院選は、明治時代の第1回総選挙以来通算47回目、現行憲法下では25回目(1947年第23回以降)となる。ただ、解散による総選挙としては24回目で、戦後1度だけ解散によらない任期満了選挙(1976年第34回)が行われている。 衆議院解散は、民主党政権の野田佳彦首相(当時)が1…
more

師走総選挙、「アベノミクス」に審判

安倍晋三首相は2014年11月18日、衆院の解散・総選挙に踏み切ると表明した。21日に衆院を解散し、12月2日公示、14日に投開票する。安倍首相は併せて、来年10月に予定していた消費税の税率10%への再引き上げを1年半先送りし、「2017年4月に実施する」と明言した。安倍首相が“伝家の宝刀”を抜いたことで、師走総選挙では消費増税延期とアベノミクスへの評価が大きな争点となる。
more

いかにトレンド成長率を高めるか—アベノミクス・成長戦略を問う河野 龍太郎

日本の経済成長率を高めるには、アベノミクス・第三の矢である「成長戦略」を着実に実行していく必要がある。ただ、成長戦略と称し、既存企業を利する政策も少なくない。それらは新規参入を阻み、トレンド成長率をむしろ引き下げる。最大の問題は、社会保障制度改革が封印されていること。社会保障費の膨張が続けば、資本蓄積が滞り、トレンド成長率はマイナスに転じる。
more

正念場のアベノミクス—伸び悩む賃金上昇福田 慎一

少子高齢化や財政赤字というハンディを負いながら経済成長を実現するには、労働生産性の向上を追求するしかない。筆者は「政府による今の取り組みでは力不足」と述べ、これまで以上に思い切った規制緩和や構造改革が必要だと指摘する。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告