ホーム > 人気のキーワード
アベノミクス
石破氏の「内閣取り込み」が眼目—安倍首相の内閣改造柿崎 明二

内閣改造、自民党役員交代を行った安倍首相の思惑は?人事刷新で政権内の勢力バランスはどう変わる?永田町の第一線で取材してきた政治ジャーナリストが解説する。
more

女性の活躍推進・ウーマノミクスで日本が変わる?

安倍政権はアベノミクスの成長戦略で「女性の活躍推進」を柱の一つに掲げている。女性の活躍は日本でも年々広がっているが、諸外国に比べ女性の就業率はまだ低く、女性リーダーの数も少ない。政府は女性の活躍を促すことで日本の現状を変え、持続的な経済成長につなげたい考えだ。
more

新たな成長戦略、閣議決定

アベノミクスの「第3の矢」である成長戦略の改定版では、予想通り、農協改革、法人税引き下げの文言が盛り込まれた。日本の収益力はどこまで回復できるだろうか。
more

歴史的転換点を迎えた日本の農政

農地解放による個別農家創出はかつて戦後日本の最大の改革といわれたが、今や市場開放の足かせに。安倍政権は、農協中央会解体、農地流動化など、農業政策を180度転換できるか。
more

法人税減税、2015年度から実施へ

政府・与党は、法人税の実効税率(東京都で現行35・64%)を2015年度から引き下げる。2014年6月中に策定する経済財政運営の基本指針「骨太の方針」に明記し、年末に決める来年度税制改正案に具体策を盛り込む方針だ。成長戦略の改定を進める安倍内閣は、法人税減税により日本企業の競争力を高めるとともに、外国企業の対日進出促進の起爆剤にしたい考えだ。
more

日本の「ベースアップ」は景気を回復させるか原田 泰

政府・経営者・労働組合による「政労使会議」では、一時金だけでなくベアも含む賃上げを要求。春闘における主要企業各社の回答は上昇基調という動きが目立った。官邸主導といわれる今回のベアは、日本経済にどのような意味を持つのか。早稲田大学政治経済学術院教授・東京財団上席研究員の原田泰氏が解説する。
more

没後20年目の角栄ブーム―ソフトな保守への郷愁早野 透

没後20年を機に、田中角栄・元首相が再び注目を集めている。番記者として田中角栄を20年あまり取材した元ジャーナリストで桜美林大学教授・早野透氏が、その背景を分析する。
more

待ったなしの社会保障改革をどう進めるか八代 尚宏

日本が財政再建を果たすには、年金・高齢者医療費といった社会保障コストの見直しは避けて通れない。八代尚宏・国際基督教大学客員教授が、再建に向けた道筋を提示する。
more

アベノミクス1年―2013年の経済指標、軒並み好転

第2次安倍内閣は2012年12月26日に発足、経済政策「アベノミクス」を推進した結果、1年間で国内の経済指標が軒並み好転した。2013年1年間の主な経済指標を検証し、今後の課題を探る。
more

第二次安倍内閣の1年

第二次安倍内閣は2013年12月26日、発足満1年を迎えた。2012年12月の衆院選、2013年7月の参院選で連続して大勝し、衆参両院のねじれ状態を解消。「決められない政治」から脱却し、矢継ぎ早に新政策を打ち出した。アベノミクスによるデフレ脱却、「積極的平和主義」を掲げた外交・安保政策など安倍カラーを強く打ち出した。安倍内閣1年の実績を焦点となったキーワードで振り返る。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告