ホーム > 人気のキーワード
アベノミクス
日米韓の戦略的トライアングル:新たな脅威と協力の可能性ケント・カルダー

過去20年の北東アジア地域情勢の推移の中で、日米韓の安全保障面の協力関係は困難に直面するようになった。この問題にどのように対応すべきか、ケント・カルダー米ジョンズ・ホプキンス大学教授が提言する。
more

新成長戦略のカギは規制改革八代 尚宏

アベノミクスは長期に渡るデフレを克服し、日本経済を成長軌道に乗せることができるのだろうか。そのカギを握るのが規制改革だ。農業、都市開発、医療・介護の3分野で求められる規制改革を考察する。
more

「ねじれ現象」解消への期待と不安渡邊 啓貴

第23回参議院選挙は自民党の大勝で終わった。 2012年末の衆議院選挙の結果、成立した自民党安倍内閣は、「決められない政治」と決別するために、参議院選挙で勝利し、「ねじれ現象」を解消することを悲願としていた。つまり衆参両院で与党が過半数を制し、案件を容易に処理して政治を進めることである。その意味では、政治の停滞解消のための第一条件は整ったことになる。「ねじれ現象」が解消され、アベノミクスが評…
more

「トップの決断と実行で企業は変わる」坂根正弘・コマツ相談役

日本経済の再生につながるかどうか注目されるアベノミクスの「日本再興戦略」。産業競争力会議の民間議員を務める坂根正弘コマツ相談役が、その評価やモノづくり産業復活への課題を語った。
more

問われる近隣関係―ずれ込む対中・対韓修復鈴木 美勝

G8サミット出席のため、英国ベルファスト空港に到着した安倍首相。写真=代表撮影/AP/アフロ 就任後半年余り、安倍晋三首相が精力的に展開してきた戦略外交は、ふたつの原則で貫かれているように見える。 第1は、野田政権以来、最悪の状態が続いている中国および韓国との関係だが、主権や歴史に関わる問題で妥協しない点だ。これが特に対中国では、首相自身が強調する「価値観外交」の推進につながる。その…
more

「アベノミクス」半年間の経済指標をどう見る

2013年の参議院選挙(7月21日投票)では、安倍政権の経済政策「アベノミクス」が選挙戦の最大の争点となっている。各種経済指標の推移から「アベノミクス」を振り返る。
more

アベノミクスの要、「女性の活躍」を実現するために岩田 喜美枝

安倍首相は成長戦略の中核が「女性の活躍」であると言明、その実現に向けて待機児童ゼロ、女性役員登用など3つの具体策を挙げた。岩田喜美枝・公益財団法人21世紀職業財団会長(前資生堂副社長)が、それぞれの対策を検証する。
more

TPP交渉 目指すべきは貿易自由化の促進吉崎 達彦

安倍政権は環太平洋パートナーシップ(TPP)交渉への参加を決定した。TPPがもたらすメリット・デメリットを巡る議論を超え、日本が交渉を通じて追求すべき国益を吉崎達彦・双日総合研究所チーフエコノミストが検証する。
more

韓国:「アベノミクス」批判報道の背景と含意深川 由起子

韓国では「アベノミクス」批判報道が相次いだ。その背景には、李明博政権の「MBノミクス」との同一視がある。二つの成長戦略の根本的な違いを検証する。
more

アベノミクスが100日で起こした「マインドチェンジ」安部 順一

2013年4月4日、第2次安倍晋三内閣発足から100日を迎えた。同内閣の経済政策「アベノミクス」による金融緩和や財政出動への期待から、円安・株高が進んでいる。アベノミクスが100日間で引き起こした変化を振り返る。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告