ホーム > 人気のキーワード
エジプト
日本で医師になったエジプト人、オサマ・イブラヒム

ある一人のエジプト人が日本で医師になることを目指した。前例がほとんどない。「だからこそ、きっと面白い」。そう思って挑戦したオサマ・イブラヒムさん。見事に夢を実現し、今は日本のトップレベルの病院で眼科医として働いている。「完璧に日本語を話せるようになるのは、とても大変なことですが、この壁を乗り越えられれば素晴らしい世界が見えてきます」と語る。
more

テロ組織の残虐はイスラム法に違反するカマール・ガバラ

日本人ジャーナリスト後藤健二氏殺害より以前に、エジプト人女性政治活動家が銃撃され死んだ。どちらもイスラムに違反する残虐行為だ。哀悼の意を込めたエジプトからの報告。
more

「アラブの春」革命から4年、先行き不透明なのは何故かカマール・ガバラ

2011年初頭から中東諸国で本格化した一連の民主化運動「アラブの春」により政権交代を迎えた国々は、今、それぞれがトンネルの闇の中にいる。1月25日に革命4周年を迎えたエジプトの『アルアハラーム』新聞記者が、エジプト、チュニジア、イエメン、リビアおよびシリアの革命の現状を分析する。
more

高い評価を受けた安倍首相中東歴訪、「中庸」をアピールカマール・ガバラ

安倍首相の中東4か国歴訪に対する現地・エジプトからの報告。人質事件とは裏腹に、首相歴訪を高く評価する現地の理由と背景は何か。
more

大砂嵐十両昇進特別インタビュー「今までの努力が自信に変わった」

大相撲夏場所で幕下全勝優勝、外国人力士として最速の関取昇進を決めた大砂嵐。周囲の期待にプレッシャーも増大しているが、「横綱になる」という夢の実現に向け、決意を新たにしている。
more

「国民が実感できない経済成長に意味はない」エジプト・アラブ共和国・ヒシャム・カンディール首相

エジプト革命によりムバラク政権が崩壊。2012年6月にはムハンマド・モルシ氏が大統領となり、ヒシャム・カンディール氏を首相に任命した。経済成長が悪化し、IMFとの交渉も難航する中、カンディール氏はエジプト再生に向けてどう舵を取るのだろうか? 日本との関係は? TICAD Vで来日したカンディール氏に緊急インタビューを行った。
more

世界が注目するムスリム同胞団

“エジプト革命”後、政権を担っているムスリム同胞団。その運動と勢力はイスラム圏に広がりつつある。来日したムスリム同胞団の幹部であるファリード・イスマーイール博士が、エジプトの現状と革命の今後についてインタビューに応じた。
more

「文字の美しさを極限まで追求した芸術です」アラビア書道家・本田孝一

神の言葉である『コーラン』を美しく書くために1000年以上もの時間をかけて磨かれてきたアラビア書道。ピカソもその美を愛した、世界でも例のない文字芸術に挑んだ日本人がいる。本田孝一、イスラム世界でも認められた日本人書家はアラビア書道で何を伝えようとしているのか。
more

アフリカ王者アルアハリ、喪章に込めた想い

100年以上の歴史を誇るエジプトのサッカー・クラブチーム「アルアハリ」。アフリカ・中東地域に6000万人ものサポーターを持つ名門チームだ。2012年FIFAクラブワールドカップにアフリカ王者として4度目の出場を果たしたが、今回はこれまでとは違う意気込みで試合に挑んだ。その理由、原動力とは何だったのか。監督をはじめとする選手団に話を聞いた。
more

「国籍や人種、宗教さえも関係ない!」大相撲力士・大砂嵐金太郎

「絶対に横綱になる! 最後まであきらめない」そんな信念を胸に、アフリカ・中東地域から初の大相撲力士となった大砂嵐。宗教による違いも乗り越え、慣れない異国の地で奮闘するエジプト人力士の素顔に迫った。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告