ホーム > 人気のキーワード
グルメ
台湾社会はCP信仰から脱却せよ野崎 孝男

先月、フェイスブック上のインターネット媒体で、台湾の低賃金とCP(コストパフォーマンス)値の関連について話したインタビューが放送後1週間で瞬く間に150万ビューに達し、シェアは1万3000を超えた。小さく誕生したばかりの媒体だったので、これほどの大騒ぎになるとは想像もつかなかったが、それだけ台湾人にとって関心が高いテーマだったのだろう。放送後に寄せられたメッセージの中には、「勇気ある発言」「よく言…
more

目も口も心も大満足—長門市の観光スポット

山口県長門市とはどんな特徴を持つ町なのか。山口県のタウン情報誌「トライアングル」が、「温泉」、「絶景スポット」、「グルメ」の3つをキーワードに、その魅力を紹介する。
more

和菓子を育てた日本独自の砂糖「和三盆」を訪ねて

徳島県の特産品「阿波和三盆」。高級和菓子の甘味原料として江戸時代から重用されてきた。ほのかに香る優しい味を体験するため、和三盆糖100パーセントの干菓子(ひがし)作りを手掛ける阿波市の「服部製糖所」を訪ね、製法を体験した。
more

「江戸前寿司」のいろは——伝承から攻略法まで中原 一歩

高級寿司店のカウンターに座ると緊張して落ち着かず、食べた気がしないという方も少なくない。でも、恐るるなかれ! 「江戸前寿司」の深淵なる世界とその常識を知れば、あなたも粋な寿司通になれる。銀座名店の二代目店主が伝授。
more

寿司職人という生き方——青木利勝(銀座・「鮨青木」)中原 一歩

寿司通たちは銀座の寿司に“格式”を求める。大切にされるのは寿司に対する真摯な姿勢や、店と主人が醸し出す風格だ。そんな寿司職人としての佇(たたず)まいを父から受け継ぎ、現代に伝えるのが「鮨青木」の二代目店主・青木利勝。寿司職人としての、彼の生き様に迫る。
more

“江戸っ子”気分でぶらり浅草

江戸庶民の義理人情が今も残る浅草。江戸随一のハイカラな街として、当時最先端の食文化や流行グッズを発信する粋なお洒落スポットでもあった。いざ、江戸っ子が大好きだった“浅草ワールド”へタイムスリップ!
more

「江戸っ子は距離の取り方が絶妙なんです」 落語家・林家正蔵

江戸時代から続く落語には、庶民の暮らしの中から生まれる人の営みのおかしみやかなしみ、情愛が満ちている。東京の下町に生まれ育った生粋の江戸っ子に聞く、江戸、落語、下町、そして浅草の魅力とは。
more

「天ぷらは料理の最高峰」 近藤文夫(銀座「てんぷら 近藤」主人)

天ぷらといえば「近藤」——。ミシュランで2つ星を獲得した店には、日本食通たちはもちろん、韓国・台湾・中国などのアジア圏、そして欧米各国からも大勢の客が足を運ぶ。世界の舌を魅了する「てんぷら 近藤」の魅力とは。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告