ホーム > 人気のキーワード
グローバル化
大学入試改革:その必要性と狙い磯田 文雄

日本の大学入試制度と高校教育のあり方が、大きく変わろうとしている。少子化による入学者選抜の変容に加え、グローバル化対応が不十分との危機感が背景にある。
more

「アカデミック・ガバナンス」改革と国立大学ベンチャーファンドの行方上山 隆大

“旧態依然”の運営にさらなる改革を迫られる日本の大学。改革の実現を阻む真の原因は何か。上山隆大・慶応義塾大学総合政策学部教授が分析する。
more

グローバル化と日本の大学改革―国際競争力強化への課題天野 郁夫

1990年代から約20年にわたって、日本の大学はいくつもの制度・組織改革を経験してきた。グローバル化などへの対応として始まった日本の大学改革の経緯と今後の課題を天野郁夫・東京大学名誉教授が論じる。
more

日本企業の今後を占う試金石となる2013年平井 孝志

2013年、日本企業の業績は、おそらく底堅く推移するだろう。それにはいくつかの理由を挙げることができる。 まず第1に、国内の環境要因だ。政権復活を果たした自民党が本年夏の参院選をにらみながら、景気対策を積極的に進めることが挙げられる。復興需要の拡大をはじめ、国内景気の下支えがなされるだろう。 第2に、海外市場の復調だ。長期化傾向を見せる日中関係悪化に伴う問題も、経済的な側面ではいずれ収束す…
more

シェール革命の地政学谷口 智彦

シェール(頁岩=けつがん)から掘削されるガスと石油により、米国はエネルギー面で自立を果たすと予想されている。この「シェール革命」が日本と世界に与える経済的、地政学的影響を谷口智彦慶應義塾大学特別招聘教授(nippon.com編集委員)が考察する。
more

高度成長期の「神話」を克服し、新しい時代の成長基盤を田中 直毅

これからの新成長戦略を考えるにあたり、時代を超えた日本の特徴をどうとらえるべきだろうか。経済評論家の田中直毅氏が高度成長期に生まれた数々の「神話」を検証し、新たな成長基盤を考察する。
more

日本、欧州債務危機、グローバル・ガバナンス遠藤 乾

ギリシャの財政危機から始まった欧州債務危機は、世界経済の不安定材料となっている。日本はこの危機をどう受け止め、行動するべきだろうか。
more

高等教育の“日本病”苅谷 剛彦

人材のグローバル化の必要がいわれる一方、その教育機関たる日本の大学の地盤沈下が危惧されている。問題はどこにあるのか。日・英の大学で教鞭を取り、教育問題を社会学の視点から論じる苅谷剛彦教授が分析する。
more

東大秋入学は日本社会に影響を及ぼすか上山 隆大

東京大学が限定的な9月入学制度を実施することになった。日本の“内向き”な教育制度に一石を投じて、社会全体の変革への第一歩とすることができるのか。上智大学経済学部の上山隆大教授が解説する。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告