ホーム > 人気のキーワード
スマートフォン
スマホ特化で成功したメルカリの可能性と課題西田 宗千佳

企業価値の評価額が10億ドルを上回る非上場の新興企業を「ユニコーン」と呼ぶ。個人間の物品売買を仲介するメルカリ(東京都港区)は、アプリのダウンロート数が7500万に達し,日本初のユニコーンとなった。「自分で価格を決め、自分がものを売った」というフリーマーケット感覚を楽しめるため、“メルカリ中毒”になる人も多い。メルカリは日本の流通を大きく変えていくのだろうか?
more

スマホと子ども② —「JKビジネス」の裏側石川 結貴

スマートフォンを「入り口」として気軽に男性接待のバイトに応募する女子高生たち。「簡単にお金が稼げる優しい仕事」につられた少女たちを巧妙に操るビジネスの実態とは。
more

スマホと子ども① —「つながり」に飲み込まれる子どもたち石川 結貴

自分の「居場所」、存在価値をスマートフォン経由の「つながり」に求める子どもたちが増えている。スマホの普及は子どもたちの世界をいかに変えたのか。
more

「Suica」対応のiPhone 7:ソニーの「FeliCa」を世界に羽ばたかせるか石川 温

新しいiPhone 7は、電子マネー「Suica」などが用いる非接触IC規格「FeliCa」に対応した。日本市場を重視するアップルとJR東日本の連携の結果だが、ソニーが主導する同規格の世界展開に向けた第一歩になり得る。
more

日本発スマホゲームで始まった新たなゲーム黄金時代新 清士

「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」や「モンスターストライク(モンスト)」などの大ヒットで、日本のスマホゲーム市場は世界最大級になっている。その要因となった日本特有の事情を分析する。
more

それぞれの「スマホ敗戦」——ソニー・NTTドコモ・任天堂、2014年中間決算

ソニー、NTTドコモ、任天堂。いずれも日本を代表する企業だが、スマートフォン(スマホ)戦略に手こずり、2014年度中間連結決算(4-9月)では不振に泣いた。 ウォークマン、ハンディカム、VAIO(バイオ)などかつて世界市場を席巻した「ソニーブランド」。しかし、最近では社内からも「何を作っている会社なのか分からない」との声が聞こえてくる。 ソニーの最近の業績不振は目を覆うばかりだ。3694億…
more

機種横並び、料金チキンレースしかなくなった日本の携帯キャリア事情石川 温

日本の携帯電話大手3社が揃ってiPhoneを販売するようになって10カ月。新規契約獲得での激烈な現金還元競争を経て、3社横並びで「通話し放題」の料金定額制を導入することになった。
more

「ネット依存」の日本的特徴は「きずな依存」橋元 良明

厚生労働省によると、ネット依存の中高校生は全国で推計51万8千人にのぼる。日本人のソーシャルメディア利用に関する複数調査を基に、橋元良明・東京大学大学院情報学環教授が、ネット依存の背景と対策を探る。
more

NTTドコモiPhone発売と日本のスマートフォン市場の今後石川 温

米アップル「iPhone」の販売でソフトバンクとKDDIに先行されたNTTドコモが同機種の発売に踏み切った。これが今後の日本のスマートフォン市場に与える影響を探る。
more

かわいくなければスマホじゃない!

若い女性たちがいつスマートフォンに移行するのか?——これが今、日本の携帯電話業界の最大の関心事となっている。背景には、彼女たちが支持する“Kawaii”へのこだわりがあった。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告