ホーム > 人気のキーワード
マンガ
アウトローの魅力:エンターテインメントの中のヤクザ

ヤクザは昔から映画や漫画などエンターテインメント作品の題材になってきた。それらはどのようにつくられ、どうヤクザを表現してきたのか。大ヒットしたヤクザ映画から意外なジャンルの漫画まで、人気作を通してその魅力を探っていく。
more

脚本家が語る最新版『デスノート』の意味山田 敏弘

『デスノート』は、世界中に熱狂的なファンが多い漫画。今年米国でも同作を原作にした続編映画が上映される。サイバーテロを研究する筆者が、脚本を担当する真野勝成氏に、21世紀の世界情勢を盛り込んだ最新作の意味について聞いた。
more

漫画家・安野モヨコの全仕事を振り返る展覧会「STRIP!」

「働きマン」や「さくらん」などで知られる漫画家・安野モヨコ氏の20年超におよぶ作品を展示した「STRIP!」が開催中だ。「これまでの歩みをありのままに晒(さら)す」という意味をタイトルに込めた展覧会だ。
more

オーケストラでよみがえる永井豪アニメの世界

漫画家・永井豪氏原作の「デビルマン」「マジンガーZ」「キューティーハニー」などのアニメは、テーマソングが印象的なものばかり。それらの曲をオーケストラが演奏する初のコンサートが開かれる。永井氏本人にアニソンが持つ力とコンサートについて聞いた。
more

OTAKUの祭典—コミックマーケット90

近年、来場者数は横ばいだが、それでも50万人以上が来場するコミックマーケット。国内最大、世界でも有数のOTAKUコンベンション。コミケが巨大イベントになるまでの歴史と変貌を振り返ってみた。
more

日本語をマンガで学ぶ:『日本人の知らない日本語』原作者・海野凪子さんに聞く

日本語教師海野凪子さんは、教室での外国人生徒との経験に基づいて、ベストセラー漫画『日本人の知らない日本語』を執筆した。ニッポンドットコムとのインタビューでは、勉強のコツや、日本語にまつわる面白い話を聞かせてくれた。
more

フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2016」 フォトギャラリー

マニアの数だけガレキ(ガレージキット)はある。さあ、君も君だけのガレキを見つけよう!
more

フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2016」

売る方も買う方も、やっぱりみんなマニアだった! ガレージキット・フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2016サマー」が今年も幕張メッセで、熱く、熱く、開幕!!
more

鬼太郎のまち境港市で水木しげるをしのぶ

2015年11月に死去した水木しげるは、多くの妖怪を生み出した漫画家として知られている。出身地の鳥取県境港市は、彼の妖怪ブロンズ像や作品にちなんだアトラクションを通じて多くの観光客を呼び込んでいる。
more

日本人漫画家とガウディゴンザロ・ロブレド

『SLAM DUNK』や『バガボンド』、『リアル』などを手がけてきた漫画家・井上雄彦は、日本中のほぼすべての本屋に欠かすことのできない存在であり、多作家の井上は25年間マンガ制作に没頭してきた。日本の全書籍に占めるマンガ・ジャンルの売上は、2014年に40%を占めた。 しかし、1967年鹿児島県大口市生まれの漫画家は、実はほかのことにも時間を割いてきた。その一つが、2013年に出版したス…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告