ホーム > 人気のキーワード
写真
日本の写真文化を語ろう⑤ 代官山蔦屋書店 写真集コンシェルジェ・清水はるみ

日本でも有数の写真集の蔵書数を誇る書店、代官山蔦屋書店。2011年のオープン以降、国内外からの客足が途絶えない。そこで働くスタッフも「コンシェルジュ」の肩書きで選書をし、顧客にオススメの本を紹介している。写真集コンシェルジュの清水はるみさんに話を伺った。
more

行ってみたい12の写真スポット④ 代官山 蔦屋書店

東京で一番クリエーティブな人たちが集う本屋さん。それが代官山 蔦谷書店だ。現代のアートシーンをけん引するカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営する旗艦店で、写真集のトレンドを感じてほしい。
more

【Photos】現代に息づく名庭園佐藤 振一 /澤田 忍

日本庭園は雄大な景色を背景に取り込んだり、瀧や川の流れなど自然の風景そのものを表現したりするなど、日本人の自然観を表してきた空間だ。その中でも宿泊施設や美術館などにある、訪問者が利用しながら楽しめる名園を紹介しよう。
more

日本の写真文化を語ろう④ 「T3 Photo Festival Tokyo」キュレーター・小高美穂

ただ優れた作品を並べるのではなく、一つ一つの作品を意味付けし、写真をより魅力的に見せる。作品と観客をつなぐための架け橋となる立場の人がいる。日本では数少ないインディペンデントキュレーターとして活躍をしている小高美穂さんに話を伺った。
more

行ってみたい12の写真スポット③ 東京都写真美術館

東京で写真を見る際、まず訪れたいのが、東京都写真美術館。独自の観点に立ったプログラムで、優れた国内外の写真文化を紹介してきた。歴史的な写真から、話題作までさまざまな写真と出会える現場にぜひ足を運んでほしい。
more

日本の写真文化を語ろう③ 東京都写真美術館・学芸員 伊藤貴弘

写真と映像を専門にしている公立の美術館は世界でも多くない。2016年にリニューアル・オープンした東京都写真美術館は写真文化が盛んな日本でも重要な役割を果たしてきている。90年代以降の日本の写真を紹介するTOPコレクション「いま、ここにいる―平成をスクロールする 春期」展を担当した学芸員の伊藤貴弘さんに話を伺った。
more

行ってみたい12の写真スポット② SO BOOKS

プレゼントにレアな写真集を贈りたい—そんな若者たちに人気なのが、閑静な住宅街にある古書店だ。店主の鑑識眼にかなった写真集の数々を見ているだけでウキウキしてくる。
more

日本の写真文化を語ろう② 「T3 Photo Festival Tokyo」ファウンダー・速水惟広

写真と触れ合う方法はさまざまだ。地域活性化のプロジェクトや写真フェスティバルという大きな枠組みで、写真とのつながりを生み出すフォトディレクターは、写真と社会のつながりをどう考えているのだろうか。
more

【Photos】建築職人—ニッカポッカの男たち松田 忠雄 (撮影)

日本の建築現場で働く男たちは、独特の作業着を身にまとう。汚れたダボダボのニッカポッカは、建築職人の象徴の一つ。仕事の合間に撮影した職人たちのポートレートから、こだわりや強い個性がにじみ出す。
more

【Photos】野鍛冶の世界大橋 弘 (撮影)

包丁や農具、山林刃物などの製作や修理を担ってきた野鍛冶。安価な大量生産の刃物の登場によって、次々に廃業に追い込まれていく中で、昔ながらの刃物づくりに打ち込む職人たちがいる。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告