ホーム > 人気のキーワード
出版
出版崩壊

底なしの出版売り上げの下落。日本の文字文化は生き残れるのか。
more

ペータース&スクイテン 創作し続けるために

『闇の国々』で2012年の文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞したペータース&スクイテン。日本が大好きというバンド・デシネ界の重鎮コンビに、長年にわたって創作を継続する極意を聞いた。
more

バスティアン・ヴィヴェス フレンチ・マンガの未来形

2013年7月、『塩素の味』で日本の漫画界に殴り込みをかけるフランスの若手バンド・デシネ作家、バスティアン・ヴィヴェス。前年の「海外マンガフェスタ」で初来日した際、日本への思いをたっぷりと語ってくれた。
more

エマニュエル・ルパージュ 内面を見つめる旅人

2012年文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞したフランスのバンド・デシネ作家、エマニュエル・ルパージュ。2012年11月の初来日では、巨匠・大友克洋と語り合い、福島を訪れ、多くのファンと触れ合った。
more

日本マンガの巨匠が欧州BD軍団と対決! 浦沢直樹の巻

「海外マンガフェスタ」で会場を大いに沸かせたトークライブ。第1部の大友克洋氏に続き、第2部では浦沢直樹氏が仏ベルギーのバンド・デシネ(BD)界を代表する名コンビ、ペータース&スクイテンに迫った。
more

日本マンガの巨匠が欧州BD軍団と対決! 大友克洋の巻

東京で開催された「海外マンガフェスタ」。トークライブでは、世界的な巨匠・大友克洋氏が、フランスから招いた人気作家2人にさまざまな問いを投げかけ、バンド・デシネ(BD)の面白さを浮き彫りにした。
more

邦画が洋画を逆転、日本映画市場に起きた“異変”石山 眞一郎

1970年代以降 “洋高邦低”と言われてきた日本の映画市場。しかしここ数年は、観客動員数・興行収入で邦画が洋画を逆転している。これは果たして “邦画復活”と言えるのか? それとも単なる“洋画離れ”なのか?
more

世界は第二の村上春樹を待っている―翻訳家・柴田元幸インタビュー

東京国際文芸フェスティバルには、作家や編集者、翻訳家など文学を取り巻く様々な関係者が集まった。フェスティバルの諮問委員の一人である翻訳家の柴田元幸さんに、日本文学の“越境”の可能性について聞いた。
more

日本初の国際文芸フェスティバル

日本で初めての本格的な国際文芸祭「東京国際文芸フェスティバル」(日本財団主催)が2013年3月、東京都内の全8会場で開催された。全プログラムが予約開始とともに、ほぼ満席となる大盛況。文学ファンが熱く燃えた。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告