ホーム > 人気のキーワード
動物
日本人の生命観(下)石 弘之

日本には、人間と関係の深い動物を供養する墓などが各地に残っている。そこには、人と動物を区分けするのではなく、同じ自然の一部として考える生命観が宿っている。
more

日本人の生命観(上)石 弘之

このシリーズでは野生生物にまつわる話題を取り上げてきたが、今回は日本人が動物に対してどんな態度で接してきたのかを考察。歴史的な背景をひもとく。
more

野生動物の反乱(下)石 弘之

四国や九州の山奥では絶滅したツキノワグマ。しかし、本州では人間に危害を加えるなど、深刻な社会問題となっている。そこには、「狩猟」と「保護」といった単純な二項対立を超えた、根深い人間社会の矛盾が横たわっている。
more

野生動物の反乱(上)石 弘之

このシリーズでは、絶滅の危機に瀕した野鳥の復活劇を伝えてきた。しかしその一方で、保護を優先するあまりに、増えすぎた野生動物が問題となっている。今回はシカに焦点を当てる。
more

初夏を告げる鵜飼い開き(Japan in Photos)

岐阜市の長良川で11日夜、初夏の訪れを告げる鵜(う)飼い開きが行われた。鵜飼いは烏帽子(えぼし)に腰みの姿の鵜匠(うしょう)が手縄で巧みに鵜を操ってアユを捕らえる伝統漁法。1300年以上の歴史を持ち、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。かがり火で照らされる中、鵜舟が横一列に並んでアユを浅瀬に追い込む「総がらみ」が行われると、観客から拍手が送られた。(時事)
more

恋の季節、到来(Japan in Photos)

伊豆シャボテン動物公園(静岡県伊東市)のインドクジャクが「恋の季節」を迎えている。同園には約50羽が放し飼いにされており、求愛のため雄が雌に向かって華麗な飾り羽根を広げ、ブルブル震わせる姿を間近で見ることができる。クジャクの求愛行動は初夏まで続く=22日(時事)
more

イワシの桜吹雪:横浜の水族館で一足早い「花見」(Japan in Photos)

ピンクの光を浴びて桜吹雪のように輝くのは、7万匹のイワシの群れ。横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)の水族館で、一足早い花見が楽しめるイベント「春の楽園」が開かれている。イベントは5月7日まで。(写真:時事)
more

【Photos】奈良の鹿—古都と鹿の不思議な出会い石井 陽子 (撮影)

奈良では、鹿は神の使いと考えられ、手厚く保護されてきた。夜は春日大社の森で過ごし、日の出とともに東大寺や興福寺に“出勤”する。全国の鹿たちを追って撮影を続ける写真家は、どんな思いで彼らにレンズを向けているのだろうか。
more

【Photos】湿原の瑞鳥:釧路湿原のタンチョウ和田 正宏 (撮影)

タンチョウは、その鮮やかな色彩と「鶴は千年」の言い伝えから、古来より吉祥のシンボルとされてきた。タンチョウの最大生息地である鶴居村で生まれ育った写真家が捉えた四季折々のその優美な姿を紹介する。
more

アラスカの風景:星野道夫の世界

写真家・星野道夫は、アラスカの極北に息づく生命、心動かされる大自然の姿を18年の歳月にわたり記録し続けてきた。星野が1996年にこの世を去ってから今年で20年を迎える。彼の作品は、今なお読み継がれ、日本のみならず世界中のファンを魅了し続けている。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告