ホーム > 人気のキーワード
天皇
[ニュース]皇居乾通り、来月2日から公開=宮内庁

宮内庁は15日、皇居内を坂下門から乾門へ抜ける「乾通り」の秋の一般公開を、12月2〜10日に実施すると発表した。乾通りは年2回ずつ桜や紅葉が見頃となる時期に公開されており、昨年秋と今年春は樹木の工事があったため、今回は1年半ぶりとなる。 公開期間は当初5日間だったが、毎回多くの人が訪れるため昨年春に7日間に拡大。桜の開花遅れで実際はさらに3日間延長された。宮内庁によると、今回は多くの人が紅葉…
more

[ニュース]天皇陛下退位、19年3月末有力=11月にも皇室会議

政府は20日、天皇陛下の退位と改元の期日を定めるため、衆院選後の11月にも皇族や三権の長で構成する「皇室会議」を開く方向で調整に入った。陛下の退位を2019年3月末とし、皇太子さまの天皇即位と改元を同4月1日とする案が有力だ。政府関係者が20日、明らかにした。 今年6月に成立した退位特例法は、20年6月までの法施行日に陛下が退位すると規定。退位日は、皇室会議の意見を聴いた上で、政府が政令で定…
more

[ニュース]悠仁さま、7月に小笠原訪問=紀子さまと私的に、戦没者慰霊も

秋篠宮家の長男悠仁さま(11)=お茶の水女子大付属小5年=が夏休み中の7月下旬、紀子さまと東京・小笠原諸島を私的に旅行されていたことが6日、分かった。戦没者慰霊も行ったという。 小笠原村などによると、お二人の小笠原の旅は6泊7日の日程で、7月22日に東京を船で出発し、23日父島に到着。初日はビジターセンターや海洋センターを訪れたほか、「小笠原諸島戦没者追悼之碑」に献花し黙とうをささげた。 …
more

[ニュース]退位期日決定、9月見送り=政治状況変化で−政府

政府は28日、天皇陛下の退位と改元期日について、当初検討していた9月の決定・公表を見送る方向で最終調整に入った。安倍内閣の支持率下落などを受け、来年末にかけての政治状況が不透明になっていることを考慮したものだ。引き続き年内の決定を目指し、タイミングを探る。複数の政府関係者が明らかにした。 退位の期日をめぐり、政府は9月4日に皇族や三権の長で構成する皇室会議を開催して決定する方向で検討していた…
more

[ニュース]天皇退位期日、19年春望む声=年末年始は多くの宮中行事

天皇陛下が退位をにじませたお言葉を表明されてから8日で1年。退位と新天皇即位の期日について、宮内庁では2019年春の年度替わりが望ましいとの見方が広がっている。政府は「18年末退位、19年元日改元」を軸に検討しているとされるが、年末年始は宮中で行事や祭祀(さいし)が集中するため、退位や即位に関する儀式を行うことは日程的に厳しく、陛下や皇太子さまの負担も大きいという。 政府はこうした事情も踏ま…
more

[ニュース]退位特例法が成立=陛下「上皇」に-改元は19年元日軸

天皇陛下の退位を実現する特例法は9日午前、参院本会議で自由党を除く全会一致で可決、成立した。政府は2018年12月下旬に退位と皇太子さまの新天皇即位を実現させ、翌19年元日に元号を改める日程を軸に検討しており、1817年の光格天皇以来約200年ぶりの退位に道が開かれた。退位後、陛下は「上皇」、皇后さまは「上皇后」となる。 「第11回人間国宝の会」を鑑賞されるため、国立劇場を訪れた天皇、皇后…
more

全国植樹祭で苗木を植えられる両陛下(Japan in Photos)

天皇、皇后両陛下は28日、富山県魚津市の魚津桃山運動公園で開かれた第68回全国植樹祭の式典に出席された。天皇陛下は同県が開発した花粉を全く飛ばさないタテヤマスギ、皇后さまはコシノフユザクラなどの苗木を植えた。(写真=代表撮影/時事)
more

[ニュース]新元号、来夏公表を政府検討=改元に準備期間−退位法案は19日に閣議決定

天皇陛下の退位をめぐり、政府が前もって2018年夏に退位の期日と新しい元号を公表する方向で検討していることが分かった。退位と皇太子さまの新天皇即位は同年12月下旬とし、改元を19年元日とする案が有力。国民生活への影響に配慮し、元号の切り替えまで4〜5カ月の準備期間を置くのが狙いだ。政府関係者が18日、明らかにした。 改元を元日とするのは、1年の途中でカレンダー・手帳の刷り直しや官民のシステム…
more

日本の元号制度:その歴史的背景川島 真

日本の皇位継承について回るのが、元号を変更する「改元」だ。元号制度とその歴史的変遷、現行の改元手続きについて詳しく解説する。
more

[ニュース]天皇退位「来年12月下旬」案=新元号は19年元日から−政府

天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位の時期について、2018年12月下旬とする案が政府内に浮上していることが分かった。新たな元号に改める日は、国民生活への影響を最小限にするため19年1月1日を想定している。元日には新年行事が多く予定されているため、代替わりを前倒しするものの、改元までの移行期間を数日程度にとどめたい考えだ。政府関係者が12日、明らかにした。 陛下が退位される日として候補に挙…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告