ホーム > 人気のキーワード
安保法制
「2015年安保」と新聞報道の“二極化”を考える佐藤 卓己

戦後日本の転換点ともいわれる安保法賛否をめぐる新聞報道は「二極化」した。1960年安保当時の全国紙に対する「画一性」批判、さらに戦前の「新聞商品主義」にまでさかのぼり、長期的な視点でウェブ時代の新聞の在り方を考察する。
more

抵抗政党としての民主党—「対案」と「廃案」の間で待鳥 聡史

政権与党であった民主党の安保法制反対運動への「無責任」な相乗り―その政治的背景を分析し、野党第一党として今後残された唯一の選択肢を提示する。
more

安全保障法制成立——日本の防衛・安保体制の大転換

安倍内閣が最重要課題としてきた安全保障関連法案(安保法制)が2015年9月17日、与野党の激しい攻防の中、19日未明、参議院本会議で採決し可決、成立した。戦後70年、日本の防衛安全保障政策は、「集団的自衛権の限定的な行使」が法制化され、大きな転換点を迎えた。政府は、「平時から有事に至るまで“切れ目のない”安全保障体制が確立され、日本全体の抑止力を向上させることができる」としている。 安倍…
more

「軍都」から平和の象徴へ—「外交ツール」としての広島篠田 英朗

「軍都」から「平和記念都市」として復興を遂げた広島。日本の歴史認識が問われる今、被爆都市・広島の象徴的意味は重要さを増している。日本の平和主義の象徴としての広島を冷戦後の新たな文脈で再考する。
more

安保法制、25年間の道のり

日本の安全保障政策は国際紛争、テロ事件などの節目ごとに積み上げられてきた。特に冷戦終結(1989年)以降、湾岸戦争(91年1月)、第1次北朝鮮核危機(93年3月)、米中枢同時テロ(2001年9月)とアフガニスタンでの対テロ作戦、イラク戦争(03年3月)などを契機に大きく転換した。
more

集団的自衛権解釈は「苦肉の策」、「抑止力」議論も不十分

安全保障法制の論議はわかりにくい。浅尾慶一郎・旧みんなの党代表は、「抑止力が高まる」という政府の説明は不十分と指摘する。集団的自衛権の行使についても同様だとしている。
more

「遠くは抑制的、近くは現実的」が民主党の基本方針

安保法制審議が始まった。民主党の安全保障のエキスパート、長島昭久氏は、集団的自衛権については「『新3要件』に基づく武力行使は容認しないが、全面拒否ではない。」との立場。「安保法制は大風呂敷を広げ過ぎており問題だ。」と主張する。
more

「切れ目のない、隙間のない、穴のない」安保法制を実現

戦後70年、日本の安全保障戦略は大きな転換期を迎え、安倍内閣のもとで、集団的自衛権の行使容認を前提とした「切れ目のない」安全保障体制の確立を目指す安保法制の改定が行われる。いったい何が変わるのか、憲法改正はどうなるのかなどを、与野党の安全保障問題専門論客にインタビューする。
more

日EU首脳会議:EPA交渉加速が焦点

日本と欧州連合(EU)の定期首脳会議が、5月29日に東京で開催される。EUはユンケル欧州委員会委員長、トゥスク欧州大統領(欧州理事会常任議長)が出席する。日EU関係と日米関係は、経済、安全保障をめぐる課題に重複する部分が多い。しかも、双方とも興隆する中国の“影”から逃れられない。 世界貿易機関(WTO)のドーハ・ラウンド多角的貿易自由化交渉が先進国と新興国の鋭い対立で停滞する中、限られた地域…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告