ホーム > 人気のキーワード
教育
国立大学で進む学部再編は一体何をもたらすのか松浦 良充

国立大で、数十年ぶりの新学部設置などの学部再編ラッシュが進行中だ。キーワードは「文理融合」と「地域貢献」。文科省の考える重点支援に沿って各大学が動いた結果だが、最高学府としての存在意義を損なうことにならないのか。大学改革の影響について比較大学論を専門とする筆者が考察する。
more

[ニュース]日本の授業、受け身的=4カ国高校生調査−青少年機構

日本の高校生が受けている授業は米国、中国、韓国に比べて受け身的で、生徒はきちんとノートを取る一方、居眠りをする割合も高く、グループワークなどへの参加は消極的という調査結果を、国立青少年教育振興機構が13日に発表した。 調査は昨年9〜11月、4カ国の普通科高校の生徒に実施。計7854人から有効回答を得た。 授業について「教科書に従ってその内容を覚える」と感じている高校生は、日本は「ほとん…
more

[ニュース]園児が「安倍首相頑張れ」=国有地取得の学校法人-民進、教基法違反の疑い指摘

国有地を格安で取得した学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する塚本幼稚園(同)で、園児に「安倍首相頑張れ」などと言わせる教育が行われていることが27日の衆院予算委員会で取り上げられた。民進党は、特定の政党を支持する政治教育を禁じた教育基本法に違反する疑いがあると指摘。安倍晋三首相は不適切との認識を示した。首相はまた、同学園が今春開設予定の小学校の名誉校長を辞任した昭恵夫人が報酬を受け取ったことはな…
more

[ニュース]小5・6の英語、教科に=主体的な学び導入−学習指導要領改定案・文科省

文部科学省は14日、小中学校の学習指導要領改定案を公表した。グローバル化に対応し英語教育を前倒し。「聞く・話す」を中心に英語に親しむ「外国語活動」を小学3、4年に導入し、現行で外国語活動を実施している5、6年の英語は教科書を使って「読む・書く」も加えた正式教科にする。 討論や発表などを通じ、自ら問題を見つけて解決する力を育成する「主体的・対話的で深い学び」を全教科で導入。中央教育審議会が指導…
more

学校におけるいじめ対策の課題:情報共有と組織的対応がカギ新井 肇

LINEやツイッターといったインターネット上の悪口など、最近のいじめは表に出にくく、陰湿化、深刻化している。子どもたちをいじめから守るためには何が重要で、どのような仕組みが求められるのか。
more

ニッポンを変えるJETプログラム毛受 敏浩

JETプログラムは今、世界中の若者たちから熱い視線を注がれている。子どもたちに英語を教え、地方の自治体で国際交流の手助けをすれば、憧れの国に暮らすことができるからだ。こうして日本に迎えられたJET青年はこの30年間で6万人を超え、ニッポンのありようを変えつつある。
more

革新的手法で社会問題の解決を:日本財団がフォーラム

少子高齢化による地域の疲弊、“格差社会”の進展による子どもの貧困など、さまざまな社会的な課題を革新的な手法を用いて解決しようと活躍するソーシャルイノベーターが一同に会するイベント「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」が2016年9月28日から3日間、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムで開かれた。
more

子ども食堂—一緒に「つくり」「食べる」ことの大切さ金澤 ますみ

家庭で十分な食事取れない一人親の子どもらに無料か安価で食事を提供する「子ども食堂」などの施設が、全国的に増えている。子どもの貧困や孤食に対してどのような対策が講じられているのかを伝える。
more

日本の教員はなぜ世界一多忙なのか?—強制される「自主的な活動」内田 良

日本の教員の勤務時間は世界一長い。部活動など課外活動に費やす時間が長いためだ。日本の教員はなぜ世界で一番忙しくなってしまったのか。そのリアルな現実を浮き彫りにする。
more

ニッポン女子の就活事情上原 良子

就職活動から日本社会の変化を探る前回に続く第2弾として、昨今の女子大生の就活はどうなっているのかを概観しよう。専業主婦志向の高まりが指摘されているが、果たしてそうなのか。正直、「女子大生」(広義には女性の大学生、狭義では女子大の学生)という言葉自体、バブル期のニュアンスが強く、気恥ずかしい。が、明らかに今日の日本にはまだまだ就職におけるジェンダーの差は少なくなく、女子に限った問題点や悩みをまとめて…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告