ホーム > 人気のキーワード
教育
のしかかる奨学金という名の教育ローン岩重 佳治

奨学金は、大学生の2人に1人、2013年度では177万人の「教育」を支えている。しかし、右肩上がりに給料が増えることを前提にした奨学金制度には、雇用状況が不安定な今、さまざまな矛盾が生じてきている。時代の要請に応えた奨学金制度の見直しが求められる。
more

「稼げる」と勧誘され、借金して日本へ:急増する日本語学校留学生の“闇”出井 康博

外国人留学生を受け入れる国内の日本語学校が年を追うごとに増え、600校を超すまでになった。筆者は「留学生の多くは出稼ぎ目的で、ブローカーの甘い言葉につられて来日している」と指摘。歪んだ“教育ビジネス”の在り方に警鐘を鳴らす。
more

[ニュース]小3・4英語、来春開始=新指導要領の移行措置告示-文科省

文部科学省は7日付の官報で、小中学校の新学習指導要領の全面実施前に一部を前倒しして授業に取り入れる移行措置の特例を告示した。2018年度からの移行期間中、「聞く・話す」を中心に英語に親しむ「外国語活動」を小学3、4年で年15こま(1こまは45分)新設。5、6年は現行の年35こまから50こまにする。 小3~6では「総合的な学習の時間」を年15こままで外国語活動に振り替えられるようにする。同日、…
more

リフレッシュ・ゲートボール! 今、高校生が熱い!!

ゲートボールといえば高齢者のスポーツというイメージが強いが、最近は高校生を中心に若者人気がじわじわと高まっている。スポーツ名門校の青森山田高校のゲートボール部の活動を紹介する。
more

「夜間中学校」から垣間見る在留外国人の複雑な現実吉田 典史

戦後の混乱期に義務教育を修了できなかった人たちの学びの場だった「夜間学級」が、在留外国人の増加に伴い新たな役割を求められている。現在は市民有志による「自主夜間中学」が地域の外国人を支えている状況だ。
more

加計学園問題「行政ゆがめられた」—前文科次官が会見

安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に大学の獣医学部を新設する計画を巡り、安倍首相周辺が内閣府を通じ、認可手続きを急ぐよう圧力をかけていたとの疑惑が浮上し、大きな注目を集めている。野党は「首相の進退に直結しかねないスキャンダル」として、国会審議などで追及を強めている。 疑惑の現在の焦点は、大学新設計画に絡み、文部科学省で共有されたとみられ…
more

[ニュース]中学教諭6割が過労死ライン=月80時間超相当の残業-授業、部活増加・文科省調査

文部科学省は28日、2016年度の公立小中学校教員の勤務実態調査の速報値を公表した。中学教諭の約6割が週60時間以上勤務しており、過労死の目安とされる水準を超過。前回06年度の調査に比べ、教諭や校長ら全職種で勤務時間が増えた。授業時間が増加したほか、中学では土日の部活動の時間が倍増。同省は「学校が教員の長時間勤務に支えられている状況には限界がある」として、中央教育審議会に改善策の検討を諮問する。 …
more

[ニュース]教育無償化、議論活発に=「こども保険」も浮上−財源や対象が課題・自民

教育無償化実現に向け、自民党内の議論が活発化してきた。財源に関しては、使途を教育に限定する「教育国債」発行案に加え、社会保険料率を上乗せし無償化に充てる「こども保険」創設案が浮上。無償化の対象をどうするかも課題となるが、憲法改正に向けた思惑も絡み、意見集約は見通せない。 「教育国債」は安倍晋三首相(党総裁)に近い下村博文幹事長代行や馳浩前文部科学相が発案。総裁直属機関の下に「恒久的な教育財源…
more

国立大学で進む学部再編は一体何をもたらすのか松浦 良充

国立大で、数十年ぶりの新学部設置などの学部再編ラッシュが進行中だ。キーワードは「文理融合」と「地域貢献」。文科省の考える重点支援に沿って各大学が動いた結果だが、最高学府としての存在意義を損なうことにならないのか。大学改革の影響について比較大学論を専門とする筆者が考察する。
more

[ニュース]日本の授業、受け身的=4カ国高校生調査−青少年機構

日本の高校生が受けている授業は米国、中国、韓国に比べて受け身的で、生徒はきちんとノートを取る一方、居眠りをする割合も高く、グループワークなどへの参加は消極的という調査結果を、国立青少年教育振興機構が13日に発表した。 調査は昨年9〜11月、4カ国の普通科高校の生徒に実施。計7854人から有効回答を得た。 授業について「教科書に従ってその内容を覚える」と感じている高校生は、日本は「ほとん…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告