ホーム > 人気のキーワード
映画
[ニュース]鈴木清順さん死去=映画監督「ツィゴイネルワイゼン」、93歳

独特の映像世界で知られる映画監督の鈴木清順(すずき・せいじゅん、本名清太郎=せいたろう=)さんが13日午後7時32分、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行った。喪主は妻崇子(たかこ)さん。 鈴木清順監督(時事) 旧制弘前高校卒業後、松竹に入社して助監督に。日活に移籍し、1956年に「港の乾杯 勝利をわが手に」で本名で監…
more

沈黙—サイレンス—(2017年1月)

マーティン・スコセッシ監督の最新作『沈黙—サイレンス—』は、信仰とは何か、善と悪とは何かという本質的な問いに迫るスコセッシ監督入魂の作品だ。
more

スコセッシ監督の映画『沈黙—サイレンス—』が問い掛けるもの

遠藤周作の原作との出会いから28年の時を経て完成したマーティン・スコセッシ監督の『沈黙—サイレンス—』。監督がこの映画に託した思いとは。
more

[ニュース]初の日印合作映画制作へ=年内にも日本で撮影開始

【ニューデリー時事】日本とインドの映画制作会社が初の合作映画づくりに向けて動き始めた。主演男優にインド人、主演女優に日本人を据え、年内にも日本で撮影を開始する。日印両国が経済や安全保障分野で急速に距離を縮める中、映画を通じて両国国民の交流と相互理解が深まることに期待が高まっている。 新作映画のタイトルは「ラブ・イン・トーキョー」。松竹が、1966年にインドで公開され、大ヒットを記録したインド…
more

脚本家が語る最新版『デスノート』の意味山田 敏弘

『デスノート』は、世界中に熱狂的なファンが多い漫画。今年米国でも同作を原作にした続編映画が上映される。サイバーテロを研究する筆者が、脚本を担当する真野勝成氏に、21世紀の世界情勢を盛り込んだ最新作の意味について聞いた。
more

「大衆」と「芸術」の頂点に立つ男、北野武の功績とその「仕事スタイル」宇野 維正

日本のお笑い界トップの芸人として活躍する一方で、海外ではフランス政府から勲章を授与されるほど芸術家としての名声を確立した北野武。常に「大衆性」と「芸術性」の両輪で最前線を突き進んできた。
more

オバマ大統領、広島訪問の舞台裏ジュリアン・ライオール

今年5月27日、オバマ大統領の広島訪問で、大統領と1人の被爆者がハグした感動的な映像は瞬時に世界に広まった。ニッポンドットコムは11月、森重昭さんの研究に光を当てたフレシェット監督に東京都内で話を聞いた。
more

個人の気持ちと宇宙を結ぶ視線—新海誠監督の世界

『君の名は。』が大ヒットを記録中、国内外の注目を集める新海誠監督に、アニメ制作に込める思いを聞いた。
more

[ニュース]三船敏郎さん、ハリウッド殿堂入り=大通りに星形プレート-米

【ロサンゼルス時事】黒沢明監督の映画「七人の侍」などで国際的スターとなった俳優の故三船敏郎さん=享年(77)=が14日、ロサンゼルス市内の米映画の都ハリウッドの殿堂「ウォーク・オブ・フェイム(名声の歩道)」入りを果たし、目抜き通りの歩道で名前入りの星形プレートが披露された。 三船敏郎さんのハリウッド殿堂入りを祝福される孫で映画プロデューサーの力也さん(中央手前)、長男の史郎さん(同奥)=1…
more

湾生回家(2016年11月)

戦前、台湾で生まれ育った日本人を「湾生」と呼ぶ。その中には、日本に引き揚げ後、再びふるさとを訪れた人もいれば、戦後も台湾にとどまって生き別れた母を探しに日本を訪れた人もいる。2015年、台湾中が感動に包まれた傑作ドキュメンタリー映画が、いよいよ日本で公開される。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告