ホーム > 人気のキーワード
歴史
山口県長門市—自然豊かな歴史と文化の街

12月15日に開かれる日露首脳会談。開催地として安倍晋三首相が選んだ長門市は、本州の最西端・山口県の北西部に位置する町だ。ここにはどのような文化があり、どんな人々が暮らしているのだろうか? 山口県のタウン情報誌「トライアングル」がレポートする。
more

オバマ大統領、広島訪問の舞台裏ジュリアン・ライオール

今年5月27日、オバマ大統領の広島訪問で、大統領と1人の被爆者がハグした感動的な映像は瞬時に世界に広まった。ニッポンドットコムは11月、森重昭さんの研究に光を当てたフレシェット監督に東京都内で話を聞いた。
more

シーボルト、その光と影

江戸時代後期に来日したドイツ人医師・博物学者シーボルト。6年の滞在中に収集した植物の標本や関係地図、美術工芸品などは数万点に上る。『日本』『日本植物誌』『日本動物誌』に結実した3部作で日本学の大家となり、欧州各地の日本博物館づくりに寄与した。没後150周年を機に、その功績を考える。
more

戦国時代の武具を蘇生:甲冑師・西岡文夫

甲冑(かっちゅう)を作るには、鍛造、彫金、漆工、皮革加工、染織、組紐(くみひも)など多様な技術が求められる。日本を代表する甲冑師・西岡文夫さんは、そうした工芸技術を修得した、数少ない匠(たくみ)だ。
more

オバマ大統領の広島スピーチへの評価ダニエル・スナイダー

米国の現職大統領として初めて広島を訪れたバラク・オバマは、スピーチの中で、核兵器が人類にもたらす脅威について語り、人類は核兵器のない世界を実現するためにその知恵を役立てるべきだと説いた。反応はおおむね好意的だったが、このスピーチには何かが欠けていると感じた人も多いとダニエル・スナイダー氏は述べている。ここから読み取れる、アジア太平洋地域の和解に向けた教訓は、何なのだろうか。
more

広島被爆米兵の名前を刻んだ日本の歴史家ジュリアン・ライオール

1945年8月6日に広島に落とされた原子爆弾によって亡くなった犠牲者の中には、12人の米兵捕虜も含まれていた。アマチュア歴史家の森重昭さんは、40年以上を費やし、被爆米兵の遺族を探し当てた。アメリカのバリー・フレシェット監督が、その記録を『灯篭流し(Paper Lanterns)』にまとめた。
more

2015年—忘れ去られた日露間の歴史的節目ワシーリー・モロジャコフ

2015年の初め、私は、「今年は露日関係史の多くの節目を迎える年(「露日関係史の節目を振り返る」)だ」とコラムで書いた。 歴史上の主要な節目を挙げながら、私は、これらが注目されないまま過ぎてしまわないことを願った。コラムの中で「是非、皆さん、これらの日を友好や相互理解の精神で、または、互いを理解していこうという気持ちとともに祝っていきませんか。」と呼びかけもした。しかし…… 思い起こされ…
more

歴史、疲れ、統治危機ロー・ダニエル

戦後の国交正常化である日韓基本条約締結から50周年になる現在、両国関係は最悪の状態にある。相変わらず「歴史」という感情を御しきれない政治の不作為を、韓国出身の筆者が非難する。
more

日本文化ブームのルーツ ジャポニスムの時代渡邊 啓貴

Nippon.comでは、これまでにも日本文化の海外での受容のされ方をさまざまな形で伝えてきたが、今回はそのルーツについて説明してみよう。 日本と欧州の交流の中で、西洋諸国に認められた最初の日本美術は、浮世絵ではなく磁器であった。磁器はもともと中国で開発されたものであり、ヨーロッパ各地の王族や貴族がこれを購入した。ところが中国の明朝が滅んで磁器の輸出が停止してしまい、中国の代わりに磁器を輸出…
more

山の食文化 日本流ジビエ上原 良子

日本には古くから「山肉」を食す文化がある。近年はフランス料理の食材として活用する日本人シェフも増えてきた。地域振興から、人と自然の共生まで、幅広いテーマを含む山の食文化に注目してみよう。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告