ホーム > 人気のキーワード
消費税
[ニュース]首相、28日解散を表明=「消費税使途変更問う」−小池新党伸長焦点【17衆院選】

安倍晋三首相は25日夕、首相官邸で記者会見し、28日召集の臨時国会冒頭で衆院解散に踏み切る意向を表明した。衆院選は「10月10日公示−同22日投開票」の日程で実施され、これまでの政権運営に対する審判の場となる。首相は消費税増税分の使途変更や北朝鮮問題への対応などについて国民の信を問う意向を示した。これに対し、政権批判を強める民進、共産両党などは候補一本化により対抗する構え。小池百合子東京都知事が率…
more

[ニュース]人づくり革命へ2兆円=財源は消費増税−安倍首相

安倍晋三首相は25日の経済財政諮問会議で、衆院選公約の目玉となる「人づくり革命」に向けた2兆円規模の新たな政策を年内に策定すると述べた。消費税率10%への引き上げに伴う税収増の使途見直しなどを通じて財源を捻出する。 新たな政策では、3〜5歳児の幼稚園・保育所費用と、低所得家庭の0〜2歳児の保育所費用を無償化する。大学など高等教育については、低所得家庭に限って無償化を実現する。 首相は「…
more

安倍首相、消費増税再延期を表明

安倍晋三首相は6月1日、通常国会閉幕後の記者会見で、現行8%の消費税率を10%に引き上げる時期を2019年10月に先送りすると表明した。消費増税は、元々15年10月に予定していたが、いったん17年4月に延期した経緯がある。当初の予定からは、4年間ずれ込むことになる。 安倍首相は記者会見で、世界経済は大きなリスクに直面しているとして、「内需を腰折れさせかねない消費税率の引き上げは延期すべきだと…
more

消費税「導入」と「増税」の歴史

安倍晋三首相は、一度は2017年4月に設定した消費増税の時期を2019年10月に再度先送りすると表明した。現行8%から10%への消費税率引き上げは、予定から4年間遅れることになる。消費税をめぐる曲折の歴史を振り返る。
more

軽減税率導入、高齢者に給付金3万円

自民、公明両党は2015年12月、現行8%の消費税率を17年4月に10%に引き上げる際、食料品全般(酒類・外食を除く)などの税率を8%に据え置く軽減税率導入で合意した。7月の参議院選挙を控え、選挙協力のパートナーである公明党の意向を全面的に受け入れた。一方、安倍晋三政権は15年度の補正予算で、低所得の高齢者に1人3万円を支給する臨時給付金の財源として約3600億円を計上。給付金は参院選直前に配…
more

消費税率50%超が要求される日本財政「不愉快な算術」小林 慶一郎

消費税率が8%に引き上げられたが、米国の経済学者が計算する日本の財政再建のために必要な税率は桁違いだ。この「不愉快な算術」と財政危機の可能性を小林慶一郎・慶應義塾大学教授が論じる。
more

消費増税決定、2014年4月から8%へ

安倍晋三首相は10月1日、消費税率を2014年4月に現行5%から8%に引き上げることを表明した。同日発表された日銀企業短期経済観測調査(日銀短観)で企業の景況感が改善しているうえ、9月9日に発表された2013年4~6月期の国内総生産(GDP)第2次改定値が上方修正されるなど、経済指標が好転していることから、増税を最終決断した。 安倍首相は、消費税引き上げを表明した1日午後の政府・与党政策懇談会で…
more

“地殻変動”必至の消費税政局はまだ始まったばかり後藤 謙次

消費増税法(「社会保障と税の一体改革」関連法)の成否を決めた最後の分岐点は、言うまでもなく8月8日の野田佳彦首相と自民党の谷垣禎一総裁によるトップ会談。そこで野田首相が発した「近いうちに信を問う」との一言で谷垣氏は矛を収めたのは周知の通りだ。この会談と二重写しになる光景が過去にもあった。1994年1月の政治改革関連法をめぐる当時の細川護煕首相と自民党の河野洋平総裁とのトップ会談だ。政治改革関連…
more

消費税率引き上げが日本経済に及ぼす影響伊藤 元重

消費税率の引き上げをめぐって、熱い論戦が続いている。消費税率を引き上げることに反対する人たちは次のような論議を提起している。 (1)経済が弱っている今の時点で消費税を引き上げたら、景気が失速してしまう。 (2)消費税率を上げる前に、財政の無駄をもっと徹底的に見直さなければ、国民の納得は得られない。政府が抱えている膨大な埋蔵金もさらに積極的に活用する必要がある。政府債務を過大評価して消費税増税を…
more

2012年は日本の社会保障の分岐点吉田 啓志

野田佳彦首相は2015年度に現在5%の消費税率を10%へ引き上げることを柱とする、社会保障と税の一体改革実現に「不退転の決意」を示している。しかし反対論は与野党に広がり、政府が3月に国会提出を目指す関連法案の成否は依然見通せない。同法案の行方が最大の焦点となる12年は、日本の社会保障が安定に向かうか否かの分岐点となる。 1月20日午前、政府は急きょ一体改革に関する5閣僚会合を開いた。その場で…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告