ホーム > 人気のキーワード
祭事・行事
熱く涼しい水掛け祭り(Japan in Photos)

江戸三大祭りに数えられる富岡八幡宮(東京都江東区)の例大祭「深川八幡祭り」。豪快な水しぶきの中をみこしが進むことから「水掛け祭り」とも呼ばれる。13日行われた「連合渡御」では、担ぎ手の熱気あふれる掛け声が響く中、沿道から清めの水が勢いよくまかれた。祭りは15日まで行われる。(時事)
more

渋谷の街中で盆踊り(Japan in Photos)

東京・渋谷の繁華街で5日夜、「渋谷盆踊り大会」が行われた。渋谷道玄坂青年会が日本らしい文化を楽しめる場として初めて企画した。JR渋谷駅前のスクランブル交差点西側道路を「歩行者天国」として開放。浴衣に身を包んだ女性らが、商業施設「SHIBUYA109」の前に設置されたやぐらの上で踊り始めると、訪れた外国人観光客らも参加して夏の風物詩を楽しんだ。(時事)
more

夏を彩る隅田川花火大会(Japan in Photos)

29日、東京の夏を彩る「隅田川花火大会」が行われ、合計約2万発の花火が打ち上げられた。あいにくの雨の中、観客は傘を手に夜空に咲いた大輪の花の競演を楽しんでいた。[長時間露光](時事)
more

金の短冊に願いを込めて(Japan in Photos)

東京・銀座の貴金属店「GINZA TANAKA」で、来場者が願いをつづった金箔(きんぱく)の短冊をつるしたささ飾りが展示されている。今年で17回目を迎え、日本の風物詩を体験できると外国人観光客にも好評だ。店舗では7日まで短冊を用意。七夕後は、願いの成就を祈って都内の神社に奉納される=5日(時事)
more

[ニュース]祇園祭、ネットで資金集め=「参加したい」思い形に-京都

京都・祇園祭の運営資金を募る「クラウドファンディング」が好調だ。祭りを運営する祇園祭山鉾(やまほこ)連合会が、見物客の事故防止のための警備費などに充てる目的で募集を開始。12日までの4日間で目標を大幅に上回る1000万円以上が集まった。 京都の夏の風物詩、祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行=2016年7月17日、京都市下京区(時事) 連合会によると、山鉾巡行期間中の警備費や事故に備えた保険…
more

折紙デザインの純金製かぶと(Japan in Photos)

5月の端午の節句を前に、折紙のかぶとをモデルとした「純金製兜(かぶと)“折紙デザイン”」が、貴金属の老舗「GINZA TANAKA」で販売された。税込み価格は4千万円。純金約4キロを使い、高さ約21センチ、幅約40センチ。(写真=時事)
more

古都に春の訪れ 東大寺のお水取り(Japan in Photos)

古都・奈良に春の訪れを告げる「お水取り」が12日夜、東大寺二月堂で行われた。練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11人の修行僧を先導する長さ約8メートルの燃え盛る「籠松明(かごたいまつ)」を童子(どうじ)たちが欄干越しに突き出すと、炎の軌跡が暗闇に浮かび上がる。火の粉を浴びると1年を無病息災で過ごせるとされ、訪れた参拝者からは大きな歓声が上がった。「お水取り」は752年の大仏開眼以来、毎年…
more

春の荒行「長瀞火祭り」(Japan in Photos)

埼玉県長瀞町の不動寺で5日、火の上をはだしで渡る春の荒行「長瀞火祭り」が行われた。縦8メートル、横4メートルに積み上げられた薪(まき)や枝葉が燃え上がると、お経が唱えられる中、修験者が次々と駆け抜けた。炎が下火になると、一般の参拝者もはだしで渡り歩き、開運厄よけなどを祈願した。(写真:時事)
more

【Photos】祭堂:東北の雪深い山里で1300年続く舞楽地蔵 ゆかり (撮影)

祭堂は、1300年前に京より下向した楽人によって伝えられた舞楽だ。幾度となく存続の危機にひんしたが、現代まで生き延びてきた。数々の受賞歴がある写真作家が捉えた伝承者たちの姿を紹介する。
more

「山・鉾・屋台」の巡行行事がユネスコ無形文化遺産登録

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は11月30日、エチオピアで開いた政府間委員会で、「京都祇園祭の山鉾行事」(京都市)、「博多祇園山笠行事」(福岡市)など33件の日本の祭りで構成する「山・鉾・屋台行事」を無形文化遺産に登録した。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告