ホーム > 人気のキーワード
職人
最高の切れ味を世界のキッチンへ—藤次郎の包丁

新潟県燕市は人口8万人の小さな町だが、日本有数の金属加工製品の産地。現在は隣の三条市とともに、高い技術力を生かした商品を「燕三条ブランド」として国内外にアピールしている。包丁メーカー・藤次郎と燕市産業史料館を訪ねて、燕の金属産業が発展を続ける理由を聞いた。
more

伝統と革新が生み出す茶器と酒器—玉川堂の鎚起銅器

銅板を槌(つち)で打ち起こし、味わい深い茶器や酒器を作り出す鎚起銅器(ついきどうき)。200年以上の歴史を持つ玉川堂(ぎょくせんどう)は、新潟県燕市の金属加工産業のルーツともいえる。
more

なぜ日本人は蕎麦をすするのか?本橋 隆司

「ズルズル!」という豪快な音を立て、蕎麦(そば)を食べる日本人。訪日観光客が、それを知らずに蕎麦屋に入ると驚き、人によっては不快感を持つかもしれない。麺類を“すすって”食べるという、日本独特の食習慣が「なぜ生まれたのか」「なぜ根付いたのか」。老舗蕎麦屋の店主に話を伺うなどして分析を試みた。
more

「和包丁界の救世主」ビヨン・ハイバーグと職人の絆

職人の技によって作り出される鋭い切れ味で、和食作りには欠かせない「和包丁」。大阪と東京で刃物専門店を営むビヨン・ハイバーグさんは、和包丁にほれ込み、その魅力を世界に向けて発信している。
more

【Photos】建築職人—ニッカポッカの男たち松田 忠雄 (撮影)

日本の建築現場で働く男たちは、独特の作業着を身にまとう。汚れたダボダボのニッカポッカは、建築職人の象徴の一つ。仕事の合間に撮影した職人たちのポートレートから、こだわりや強い個性がにじみ出す。
more

ランドセル工房・土屋鞄製造所

創業1965年の土屋鞄は、一つ一つ職人の手でランドセルをつくる。今夏の予約開始に向けて、追い込みをかけている工房をニッポンドットコム が訪れた。
more

海をわたる日本のランドセル

ぴかぴかのランドセルを背負う小学生の姿は、日本の春の風物詩。やんちゃな小学生が6年間使っても壊れないかばんに、今国内外から熱い視線が注がれている。
more

ニッポンの職人に感じたカルチャーショック廖 八鳴

数年前のことだ。 中国の友人が同僚とともに日本に出張でやってきた。日曜日に東京を散策した私たちは、お昼に上野の回転寿司店に入った。二人とも初めての日本で、初めての回転寿司だったので、目の前にやってくる皿の中から好きなものを取れば良いというルールと魚の特徴を教えつつ、私が勧めたい寿司ダネの握りを板前さんに別途注文した。 程なくして、突然、「そんなふうに食べるならここに来るな!とっとと出て行け…
more

花火界のトップランナー 花火師・青木昭夫泉谷 玄作

江戸時代から現代に至るまで、花火師たちは腕を競い合い、さまざまな花火を生み出してきた。21世紀の花火名人と呼ばれる青木昭夫さんがつくり上げた花火の世界を紹介する。
more

ものづくりの心意気:すみだ工房ショップ探訪

墨田区には、江戸期以来の職人文化と、明治期の軽工業の発祥の地としての「ものづくり」の伝統が今も受け継がれている。スカイツリー周辺に点在する「工房ショップ」で、ぬくもりあふれる職人の心意気に触れてみよう。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告