ホーム > 人気のキーワード
花火
夏を彩る隅田川花火大会(Japan in Photos)

29日、東京の夏を彩る「隅田川花火大会」が行われ、合計約2万発の花火が打ち上げられた。あいにくの雨の中、観客は傘を手に夜空に咲いた大輪の花の競演を楽しんでいた。[長時間露光](時事)
more

[ニュース]慰霊花火、夜空に「白菊」=山本五十六の出身地、真珠湾攻撃75年−新潟・長岡

旧日本軍による米ハワイの真珠湾攻撃から75年。攻撃を指揮した山本五十六連合艦隊司令長官の出身地である新潟県長岡市で8日夜、犠牲者を弔う花火が打ち上げられ、信濃川河川敷の会場に集まった人たちは平和への祈りをささげた。 慰霊花火は2011年から毎年実施され、費用は主に市民の寄付で賄われる。実行委員会の委員長を務める渡辺千雅さん(61)は「12月8日が何の日か、知らない人が増えたのがきっかけだった…
more

蔡國強:日本への帰郷出村 弘一 (文)/泉谷 玄作 (撮影)

中国の文化・歴史・思想から着想を得ながら、日本滞在中に火薬の爆発によるアートを編みだした蔡國強。彼にとって、日本とはどのような国なのか。グローバルなアーティストに成長した蔡と日本の関係を探る。
more

長岡と米ホノルル:“因縁”の両都市が戦後70年で追悼・交流事業(下)

新潟県長岡市と米ホノルル市は戦後70年という節目の今年、姉妹都市として草の根レベルでの日米友好を促進し、平和の大切さを発信するため、終戦記念日の8月15日に真珠湾で戦没者を慰霊する長岡花火打ち上げを計画している。2つの都市を歴史的につなぐのは、長岡出身で真珠湾攻撃を指揮した山本五十六・連合艦隊司令長官(1884〜1943)の存在だ。山本は当時、日米開戦へ向けどのような思いを抱いていたのか。そし…
more

長岡と米ホノルル:“因縁”の両都市が戦後70年で追悼・交流事業(上)

戦後70年の今年、太平洋戦争を戦った日米両国の間でさまざまな記念交流事業が行われる。政府間だけでなく、草の根の地方都市レベルでも計画されており、中でもハワイ・ホノルル市と姉妹都市交流を積み上げてきた新潟県長岡市が、ホノルルの真珠湾で終戦記念日の8月15日に白一色の花火「白菊」の打ち上げを計画している。長岡大花火は戦没者の追悼と平和への祈りを込めた象徴的なものとなりそうだ。 日米開戦の地となっ…
more

花火界のトップランナー 花火師・青木昭夫泉谷 玄作

江戸時代から現代に至るまで、花火師たちは腕を競い合い、さまざまな花火を生み出してきた。21世紀の花火名人と呼ばれる青木昭夫さんがつくり上げた花火の世界を紹介する。
more

秋空を彩る開運招福の花火

えびす講の祭礼に伴って行われるため、11月という花火大会としては最も遅い時期に開催される「長野えびす講煙火大会」。全国の花火大会を締めくくる同大会の1日を追った。
more

世界を魅了する大曲の花火

大曲(秋田県大仙市)は昔から花火が盛んな土地で、今では全国有数の花火競技大会「大曲の花火」で有名だ。全国から集結した花火師が腕を競い合うこの大会がなぜこれほど盛り上がるのか。ルーツを紐解きながらその秘密に迫る。
more

【Photos】大曲の花火 花火の世界最高峰泉谷 玄作 (撮影)

毎年、夏を中心に日本全国で約500の花火大会が開催される。中でも秋田県大仙市の「全国花火競技大会 大曲の花火」は、日本最大の花火大会として有名だ。花火を追い続ける写真家が捉えたその美学を紹介する。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告