ホーム > 人気のキーワード
通貨
[ニュース]仮想通貨取引所を監視=10月以降、本格化−金融庁

金融庁は10月から、「ビットコイン」などを取引する国内の仮想通貨取引所への監視を本格化する。顧客資産を保護する体制などをチェックし、必要があれば立ち入り検査も行う。仮想通貨をめぐっては、新たなサービス創出が期待される一方、詐欺や資金洗浄(マネーロンダリング)に利用されているとの指摘もあり、同庁は技術革新の促進と監視の両面で対応していく方針だ。 仮想通貨は、民間会社が運営する仮想通貨取引所で購…
more

トランプ政策と日本経済:長期金利と日米FTAが焦点伊藤 元重

昨年11月の米大統領選で勝利したトランプ氏の経済政策への期待は、「トランプ相場」と呼ばれる株高、米国の長期金利上昇、そしてドル高をもたらした。トランプ政権の政策運営には不透明感も漂うが、筆者は日本側の政策として、為替レートに影響する日米金利差への対応、通商面での2国間自由貿易協定(FTA)交渉入りの有無に注目する。
more

失った30年——動く円に振り回されて土谷 英夫

「失われた10年」が「20年」になり、頼みのアベノミクスも「経済の好循環」を実現する前に、世界経済の混乱に巻き込まれてしまった。円が上がり株は下がり、日銀のマイナス金利も、起死回生にはなりそうもない。 日本経済の「失われた○年」は通常、地価バブルが崩れた1991年から数える。この数え方に異議がある。バブルがなければ、その崩壊も、後遺症の長期停滞もなかったはずだ。私なら、バブルの起点の85…
more

迷走する中国経済の行方—資産バブル崩壊の悪夢柯 隆

失速する中国経済への懸念が高まる中、中国政府は人民元切り下げに踏み切った。しかし国有セクターの改革などの本質的な構造改革が進まない中国経済の行く末には暗雲が立ち込める。
more

為替政策では何も解決できない時代行天 豊雄

長年にわたり、日本経済を疲弊させたのは「円高」であるとされてきた。確かに、1995年をピークにした「超円高」は、製造業の海外移転を始め、強烈な産業空洞化をもたらした。しかし、はたして為替は原因だったのであろうか。国際収支のインバランス、先進国の慢性的成長率下落といった構造的問題の結果ではなかったのだろうか。そして、この根本問題に対する解決策を、現在われわれは持ち合わせているのだろうか。大蔵省国際金融局長、財務官としてプラザ合意、ルーブル合意を取り仕切った「通貨マフィア」である著者が激変の30年を振り返る。
more

韓国:「アベノミクス」批判報道の背景と含意深川 由起子

韓国では「アベノミクス」批判報道が相次いだ。その背景には、李明博政権の「MBノミクス」との同一視がある。二つの成長戦略の根本的な違いを検証する。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告