ホーム > 人気のキーワード
野球
[ニュース]米野球殿堂、松井秀喜氏が候補入り=日本人、野茂氏以来2人目

【ニューヨーク時事】米野球殿堂は20日、全米野球記者協会の投票で決まる2018年の殿堂入り候補者を発表し、米大リーグのヤンキースなどで通算175本塁打を放ち、09年ワールドシリーズで最優秀選手に選ばれた松井秀喜氏(43)ら19人が新たに投票対象となった。日本人では14年の野茂英雄氏以来2人目。 試合前のセレモニーにヤンキースのユニホーム姿で登場し、ファンの歓声に応える松井秀喜氏=2014年…
more

[ニュース]日本ハムの大谷、大リーグ挑戦表明=「来年以降は米国で」−プロ野球

プロ野球日本ハムの大谷翔平投手(23)が11日、ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指すことを正式に表明した。東京都内の日本記者クラブで記者会見し、「球団に気持ちを伝え、容認をいただいた。来年以降は米国で頑張りたい」と話した。 オリックス戦で力投する日本ハム先発の大谷翔平投手=2017年10月4日、札幌ドーム(時事) 大谷は10日に栗山監督らと面談してメジャー挑戦の意思を…
more

[ニュース]大谷、来オフにも米挑戦=2億7000万円で更改 -日本ハム

日本ハムの大谷翔平投手(22)は5日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、球団から来オフ以降にポスティングシステム(入札制度)を利用して米大リーグへ移籍することを容認された。大谷は「自分の気持ちを優先させてもらえるという形になった。応援してもらえるのは、ありがたい」と語った。メジャー挑戦の具体的な時期は「今の時点では分からない」とした。 大谷は投打にわたる活躍が評価され、4年目を終えて…
more

史上初のストライキから10年余り:プロ野球「改革」は進んだのか?玉木 正之

大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併構想に端を発し、史上初のストライキが決行されるなど、大揺れに揺れたプロ野球再編問題から10年余り。日本プロ野球「改革」の道のりを検証する。
more

メジャーから黒田投手がカープ復帰:高揚感に沸く広島木村 雅俊

米大リーグ・ヤンキースの黒田博樹投手が、高額の年俸を袖にして、古巣の広島東洋カープに復帰。その生き様が多くの人の心を揺さぶっている。地方球団を長年支えてきた地元ファンとの間に芽生え、培ってきた「絆」がスター選手の背中を押した。
more

映画『KANO』―甲子園大会で準優勝した台湾代表の物語馬場 克樹 (聞き手)

台湾で映画『KANO』が公開される。戦前、日本の全国中等学校野球大会で準優勝した台湾代表の嘉義農林学校の物語だ。台湾在住のシンガーソングライター馬場克樹氏が、魏徳聖プロデューサーと馬志翔監督に話を聞いた。
more

楽天イーグルスが東北に日本一を持ってきてくれたジェイソン・コスクリー

11月3日、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本シリーズ第7戦に勝利し、初めて日本のプロ野球界の頂点に立った。この優勝は東北の住民にとって、単に地元のプロ球団の成功という以上の意味合いがある。2004年の球団創設以来、チームが築いてきた地元との絆について、ジェイソン・コスクリーが考察する。
more

国民栄誉賞

政府は5月5日、プロ野球の長嶋茂雄、松井秀喜両氏に「国民栄誉賞」を授与した。これにより、受賞者は1977年に同賞が創設されて以降、22人・1団体となる。国民栄誉賞受賞者を振り返ると――。
more

侍ジャパンが3連覇へ始動ジェイソン・コスクリー

国際大会では日本独自の野球スタイルをどれだけ生かして勝つかが最大の目標。日本球界の著名人、指導者たちからよく聞かれる言葉だ。 日本代表チームの山本浩二監督も、2013年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕に先立って同じ言葉を繰り返してきた。2013年の代表チームは日本のプロ野球でプレーする選手だけで構成されているから、山本監督にとっては目標を実践する絶好のチャンスといえそう…
more

「メジャーリーガー」イチローと松井の軌跡二宮 清純

松井秀喜がついに引退を表明、一方イチローはヤンキースで挑戦を続ける。個性もスタイルも対照的な2人の日本人スタープレーヤーのメジャーリーグでの活躍を振り返る。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告