ホーム > 人気のキーワード
集団的自衛権
安全保障法制成立——日本の防衛・安保体制の大転換

安倍内閣が最重要課題としてきた安全保障関連法案(安保法制)が2015年9月17日、与野党の激しい攻防の中、19日未明、参議院本会議で採決し可決、成立した。戦後70年、日本の防衛安全保障政策は、「集団的自衛権の限定的な行使」が法制化され、大きな転換点を迎えた。政府は、「平時から有事に至るまで“切れ目のない”安全保障体制が確立され、日本全体の抑止力を向上させることができる」としている。 安倍…
more

「集団的自衛権行使容認」をめぐる議論の焦点は政治的成熟渡邊 啓貴

今般の集団的自衛権をめぐる論争は論点が拡散した議論になっているようにみえる。そこで以下に、グローバルな視点と自衛隊の海外協力をめぐる議論の混乱というふたつの観点から議論を整理してみたい。 ただし、本稿では「自衛隊は違憲か否か」「自衛隊の海外派遣は第九条違反か否か」という問題をめぐる議論はしない。それは自衛隊の存在はすでに現実であるし、今の段階での自衛隊の海外活動は国際的には歓迎されている…
more

Timeline for July 2015

「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録決定、サッカー女子W杯でのなでしこジャパンの準優勝、新国立競技場の建設計画見直し決定など、2015年7月の日本の出来事を振り返る。
more

集団的自衛権の限定行使容認、「憲法第9条」に違反せず

グローバル時代に「日本だけの平和」はありえないと公明党の北側副代表は強調する。安保法制による「集団的自衛権の限定行使」と「抑止力の向上」は、国の存立と国民を守るために必要で、憲法に違反すると思っていないと説明する。
more

安保法制、25年間の道のり

日本の安全保障政策は国際紛争、テロ事件などの節目ごとに積み上げられてきた。特に冷戦終結(1989年)以降、湾岸戦争(91年1月)、第1次北朝鮮核危機(93年3月)、米中枢同時テロ(2001年9月)とアフガニスタンでの対テロ作戦、イラク戦争(03年3月)などを契機に大きく転換した。
more

集団的自衛権解釈は「苦肉の策」、「抑止力」議論も不十分

安全保障法制の論議はわかりにくい。浅尾慶一郎・旧みんなの党代表は、「抑止力が高まる」という政府の説明は不十分と指摘する。集団的自衛権の行使についても同様だとしている。
more

「遠くは抑制的、近くは現実的」が民主党の基本方針

安保法制審議が始まった。民主党の安全保障のエキスパート、長島昭久氏は、集団的自衛権については「『新3要件』に基づく武力行使は容認しないが、全面拒否ではない。」との立場。「安保法制は大風呂敷を広げ過ぎており問題だ。」と主張する。
more

「切れ目のない、隙間のない、穴のない」安保法制を実現

戦後70年、日本の安全保障戦略は大きな転換期を迎え、安倍内閣のもとで、集団的自衛権の行使容認を前提とした「切れ目のない」安全保障体制の確立を目指す安保法制の改定が行われる。いったい何が変わるのか、憲法改正はどうなるのかなどを、与野党の安全保障問題専門論客にインタビューする。
more

衆院選:自民大勝は「消極的支持」の結果竹中 治堅

自公両党が再び大勝した衆院選。筆者は、有権者が現時点で「アベノミクス」を評価するのは困難で、消極的ながらも現状維持を望んだ結果だと分析する。
more

Timeline for July 2014

集団的自衛権行使のための憲法解釈変更の閣議決定、北朝鮮への独自制裁の一部解除、台風8号の日本列島縦断など、2014年7月の日本の出来事を振り返る。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告